ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市名誉市民の称号贈呈について

    • 公開日:2021年7月7日
    • 更新日:2021年7月9日
    • ID:17097

    資料提供日

    令和3年7月7日(水曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市秘書課
    担当者 井上
    電話番号 079-221-2007


    令和2年10月に逝去された姫路市出身の世界的デザイナー髙田賢三さんに、姫路市名誉市民の称号を贈呈します。

    日時

    令和3年7月10日(土曜日) 午前10時30分から

    • アクリエひめじ完成記念式典において贈呈します。

    場所

    アクリエひめじ 大ホール(姫路市神屋町143 - 2)

    受称者

    髙田 賢三(たかだ けんぞう)さん

    • 名誉市民認証状および名誉市民章は、髙田さんの実弟である山下紀年さんにお渡しします。

    姫路市名誉市民について

    「姫路市名誉市民」は、公共の福祉や文化の進展に貢献し、その功績が顕著で、人々の尊敬に値する市民または市にゆかりの深い人に贈られるもので、市議会の同意を得て決定されます。

    髙田賢三さんについて

    髙田さんは、姫路市出身の世界的デザイナーで、日本人デザイナーとして初めて現存のパリ・コレクションの原型になったと言われるファッションショーを開き、西洋の伝統的なオートクチュール(高級注文服)に対抗する、形にとらわれない自由な発想のプレタポルテ(既製服)という概念のコレクションを発表しました。普段着感覚の素朴で親しみやすい服作りを提案することで、ファッション界に大きな反響を呼び起こし、「木綿の詩人」又は「色の魔術師」と評されて世界的な名声を博しました。その後も独特の配色や花柄に代表される鮮やかなプリント等を特色とする独創的なコレクションを発表し、伝統的な西洋の服飾美観とは全く異なる発想によるものとしてファッション界に衝撃を与え、世界のファッション界を牽引してきました。

    国内外で活躍するようになった後も、ふるさと姫路への思いは深く、平成元年の市制100周年記念行事、平成6年の世界遺産姫路城記念行事、平成12年のひめじウェルカム21で各種ショーや展覧会を開催しました。

    また、平成3年9月に開館した姫路キャスパホールの緞(どん)帳や令和3年9月に開館するアクリエひめじの大・中ホールの緞(どん)帳のデザイン、ショーで使用した衣装等の寄贈のほか、平成元年のシャンティイ城と姫路城との姉妹城提携に尽力するなど、姫路市の文化芸術振興のみならず国際交流にも大きく貢献しました。

    お問い合わせ

    姫路市役所政策局 秘書課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎3階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2007 ファクス番号: 079-221-2036

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム