ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    昭和女子大学との連携協力に関する協定の締結式について

    • 公開日:2021年11月8日
    • 更新日:2021年11月10日
    • ID:18801

    資料提供日

    令和3年11月8日(月曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市産業振興課
    担当者 宮﨑、髙井
    電話番号 079-221-2507

    姫路市と昭和女子大学との間で令和3年11月12日(金曜日)に、地方創生事業「東京の大学生と連携中枢都市の大学、高校生による都市のイメージアップと地場産品の販路拡大」事業の推進にかかる連携協力に関する協定を締結することになりました。

    つきましては、下記のとおり協定締結式を執り行いますので、お知らせします。

    経緯

    昭和女子大学は、産学連携・高大連携や地方創生に力を入れており、本市でもこれまで地域活性化のための調査研究を実施してまいりました。一方、本市においては、地域の発展に資する知的・人的資源である大学の知見等を最大限に活かすため、さまざまな官学連携の取り組みを推進しているところです。
    そこで、これまでにも本市と2018年度の観光に関する昭和女子大学・明治大学の学生による「姫路プロジェクト」でも共同研究において実績、交流を有する同大学と本市が、相互に連携し協力することで、地方創生事業「東京の大学生と連携中枢都市の大学、高校生による都市のイメージアップと地場産品の販路拡大」事業において、姫路・播磨地域のイメージアップとその地域の地場産品の販路拡大及び地方創生に関する大学生の学びを目的とし、共に地域、大学の活性化等に取り組むため、連携協力に関する協定を締結します。

    概要

    協定する事業

    地方創生事業である「東京の大学生と連携中枢都市の大学、高校生による都市のイメージアップと地場産品の販路拡大」(令和3年3月30日付けで地域再生法(平成17年法律第24号)第5条第15項の規定により認定された地域再生計画をいう。)事業(以下、「本事業」という。)

    目的

    本事業の推進を図り、もって姫路・播磨地域のイメージアップと当該地域の地場産品の販路拡大に資すること及び地方創生に関する大学生の学びの深化を目的とする。

    連携協力事項

    1. 本事業の企画、実施及び評価に関する事項
    2. その他本事業の推進に関する事項

    期間

    令和3年11月12日(締結日)から1年間

    期間満了前に改廃の申し出がなければ、1年毎に更新

    協定締結式

    日時

    令和3年11月12日(金曜日)午前10時から午前11時まで

    場所

    昭和女子大学学園本部館(東京都世田谷区太子堂1-7-57)

    出席者(予定)

    • 昭和女子大学 理事長・総長 坂東眞理子氏
    • 姫路市 市長 清元秀泰

    内容

    締結者2名が協定書に署名した後、記念撮影の場を設けます。

    協定書

    別添のとおり

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所 産業局 商工労働部 産業振興課
    電話番号: 079-221-2507 ファクス番号: 079-221-2508
    E-mail: sankou@city.himeji.lg.jp

    お問い合わせフォーム