ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    企画展「絵本作家長谷川集平の仕事展―絵本デビュー46年のキープ・オン・ロッキン!」を開催します。

    • 公開日:2022年1月4日
    • 更新日:2022年1月6日
    • ID:18931

    資料提供日

    令和4年1月4日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路文学館 学芸課
    担当者 甲斐
    電話番号 079-293-8228

    姫路出身の絵本作家長谷川集平さん(1955年生まれ)の多彩な表現活動の軌跡を紹介する展覧会を開催します。
    姫路文学館開館30周年記念イヤーの最後を飾る展覧会です。

    開催趣旨

    姫路市出身の絵本作家長谷川集平さんが『はせがわくんきらいや』で鮮烈なデビューを果たしたのは、1976年、まだ武蔵野美術大学の学生だった21歳の時のこと。自身もその被害者である森永ヒ素ミルク事件を扱いながら本当の愛や優しさを問うこの作品は、独特の作画スタイルとともに絵本の新たな可能性を切り拓きました。
    以来、『とんぼとりの日々』『トリゴラス』『日曜日の歌』から、東日本大震災後の三部作『およぐひと』『アイタイ』『あなに』、そして近年の『ファイヤー』まで、つねに名もなき小さな人たちの心の営みをすくい上げ、絵本に刻み込んできました。
    また、『見えない絵本』(1990年第20回赤い鳥文学賞)や『デビルズドリーム』などの小説、『絵本づくりトレーニング』や『映画未満』などの評論、イラストレーション、音楽活動等々、いずれの分野でも、ひと所にとどまらぬ探求の旅を続けています。
    そのポートレートで手に持つのは長崎の五島列島福江島に立つ大瀬崎灯台の模型。「闇に光を投じる灯台のような仕事がしたい」という集平さんの視線の先にあるものとは。
    「常に低いところに立つ前衛」として「普遍的なものにつながる世界」を描くことを目指してきた長谷川集平さんの多岐にわたる表現活動の軌跡をたどり、そのロックンロール・スピリッツに迫ります。

    長崎県五島列島福江島の大瀬崎灯台の模型を持つ長谷川集平さん

    展覧会概要

    会期

    令和4年(2022年)1月15日(土曜日)から令和4年(2022年)3月21日(月曜日・祝日)まで
    時間:午前10時00分から午後5時00分まで(入館は午後4時30分まで)
    休館日:3月21日を除く毎週月曜日、2月24日(木曜日)

    会場

    姫路文学館 北館

    観覧料

    一般310円、大学・高校生210円、中学・小学生100円(常設展料金)

    • 20名以上の団体は2割引
    • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方(手帳またはミライロIDの手帳画面を提示してください)及び介護者1人、姫路市内在住の65歳以上の方、どんぐりカード・ココロンカード提示の小中学生は無料

    協力

    シューヘー・ガレージ

    主催

    姫路文学館

    展示構成

    展示資料数 約230点

    • 絵本等の原画約80点、その他思い出や愛用の品々、創作の背景を示す自筆資料、写真類など約150点

    第1章 どこまでも続く道

    兵庫県立姫路東高等学校時代までを過ごした姫路や、目から鱗が落ちていったという美大浪人時代の名古屋でのエピソード、絵本ブームの熱狂と終焉の渦中でもがいた東京時代、そして一九九一年に移り住んだ長崎での現在にいたるまでを、主に自作絵本の仕事に着目してたどります。

    1. 優等生のゴンボ(誕生から小学校時代まで)
    2. 世界が風のように吹き込んできた(中学から高校時代まで)
    3. 絵本っていいなあ(美大浪人時代)
    4. 絵本界のアイドルが立ち位置を見つけるまで
    5. こどもに何を語れるのか? 自分を作り直す
    6. あばよ、東京 長崎への移住
    7. 第2ラウンド 長いトンネルを抜けて
    8. 第3ラウンド ぼくらが変わらなきゃ嘘だ

    第2章 表現の総合格闘技

    何事にも真剣勝負(ガチンコ)で挑む集平さんの絵本の枠を超えた創作活動や表現を紹介します。

    1. 小説 ことばで絵本を描く
    2. 評論 ことばで輪郭を与える
    3. 共作絵本、挿絵
    4. 音楽 自由でいられる場所
    5. 出版のかたち 絶版、未刊行作品を読者に届ける
    6. 道具道 愛着の品々

    トピック

    長崎

    長崎の春夏秋冬の風景と人を描いた連作「サルコーデ・ナガサキ」の原画(長崎市・祈りの丘絵本美術館蔵)、集平散歩

    モノンクル:ぼくのおじさん 行く手を照らした大人たち

    叔父・映画監督浦山桐郎、イラストレーター岩田健三郎、フォークシンガー高田渡、人形作家川本喜八郎

    絵本が生まれる場所 一冊の本ができるまで

    アイデア、下書き、ダミー本など

    展示の見どころ

    • 絵本界を揺るがせたデビュー作『はせがわくんきらいや』の原画全19枚を展示。また、その他の自作絵本すべてから集平さん自身が選んだ場面の原画を出品。
    • 小中学校時代の文集や高校時代の森永ヒ素ミルク事件に関する活動資料など。早くから表現者としての才能と受信機のような鋭敏さを持ち合わせていたことがうかがえる。
    • 読書ノートや絵本論講座のための準備ノートなど、絵本の可能性や使命について真摯に問い続けてきた創作の舞台裏。
    • 集平さん自身の朗読による最新作の絵本『にんげんがいじわるやからや』(未刊)のスライドショーの常時上映。

    コラボメニュー

    館内のカフェコーナー(南館1階)では、本展開催中の限定メニューとして、絵本『天使がいっぱい』(2015年)をイメージしたココアとアイスクリームのセットメニューをお出しします。

    記念イベント

    長谷川集平記念講演会「姫路-名古屋-東京-長崎」

    日時

    令和4年(2022年)1月15日(土曜日)午後1時30分から午後3時00分まで(開場は午後1時00分から)

    会場

    姫路文学館講堂(北館3階)

    定員

    80人
    要申込・1月10日(月曜日・祝日)必着、応募者多数の場合は抽選

    申込方法

    往復ハガキもしくは、姫路文学館ホームページ(申込フォーム)のいずれかで、下記5項目を記入して、姫路文学館まで(〒670-0021 姫路市山野井町84番地)

    1. イベント名
    2. 郵便番号
    3. 住所
    4. 氏名
    5. 電話番号

    絵本朗読劇で楽しむ長谷川集平の世界―『パイルドライバー』『あなに』

    日時

    令和4年(2022年)2月13日(日曜日)

    全6回上演(内容は全回同じ。開場は各回20分前から)

    • 午前10時30分から午前10時50分
    • 午前11時30分から午前11時50分
    • 午前1時から1時20分
    • 午後2時から午後2時20分
    • 午前3時から午後3時20分
    • 午後4時から午後4時20分

    会場

    姫路文学館講堂(北館3階)

    出演

    兵庫県立姫路工業高等学校演劇部

    定員

    各回80人(3歳からファミリー向け) 当日先着順(事前申込不要)

    シューヘー トーク&ライブ

    長谷川集平(ギター)と妻クン・チャン(チェロ)からなるライヴ・ユニット「シューヘー」のロック演奏とトーク。

    日時

    令和4年(2022年)3月19日(土曜日)午後1時30分から午後3時まで(開場は午後1時から)

    会場

    姫路文学館講堂(北館3階)

    定員

    80人

    要申込。3月5日(土曜日)必着。応募者多数の場合は抽選

    イベント申込方法

    当館ホームページ(申込フォーム)、もしくは往復はがきのいずれかで、下記5項目を記入して、姫路文学館まで(〒670-0021 姫路市山野井町84番地)

    1. イベント名
    2. 郵便番号
    3. 住所
    4. 氏名
    5. 電話番号

    長谷川集平 略歴

    絵本作家・ミュージシャン

    1955年兵庫県姫路市生まれ。兵庫県立姫路東高等学校卒業、武蔵野美術大学中退。
    1976年『はせがわくんきらいや』で絵本作家デビュー。1977年に松本猛と絵本モンタージュ論を提唱。1991年から長崎市に住む。2002年から2018年まで京都造形芸術大学客員教授。2012年第34回姫路市芸術文化賞受賞。著書はほかに、絵本『パイルドライバー』『ホームランを打ったことのない君に』(2007年第12回日本絵本賞)『大きな大きな船』『むねがちくちく』、小説『石とダイヤモンド』『鉛筆デッサン小池さん』(1992年第14回路傍の石文学賞)、評論『音楽未満』『読了できない絵本たち』など多数。http://www.cojicoji.com/shuhei/

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局姫路文学館

    住所: 〒670-0021 姫路市山野井町84番地

    住所の地図

    電話番号: 079-293-8228 ファクス番号: 079-298-2533

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム