ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路文学館「第7回藤原正彦エッセイコンクール」受賞作が決定しました

    • 公開日:2021年12月21日
    • 更新日:2021年12月23日
    • ID:18932

    資料提供日

    令和3年12月21日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路文学館 学芸課
    担当者 甲斐・市太
    電話番号 079-293-8228

    「第7回藤原正彦エッセイコンクール」の受賞作が決定しましたのでお知らせします。

    藤原正彦エッセイコンクールの概要

    姫路文学館では、エッセイストとしても人気の高い藤原正彦姫路文学館長(数学者・作家・お茶の水女子大学名誉教授)が「読書」とともに推奨する「書くこと」の大切さを伝えるため、平成27年度に「藤原正彦エッセイコンクール」を創設しました。本賞は、中学生以上を対象とし、藤原館長の審査により、中学生部門、高校生部門、一般部門の各部門に最優秀賞、優秀賞、佳作各1作を選考するものです。

    審査員

    藤原正彦 姫路文学館長(数学者・作家・お茶の水女子大学名誉教授)

    • プロフィール
      昭和18年旧満州生まれ。新田次郎・藤原てい夫妻の次男。
      東京大学理学部数学科卒業、同大学院修士課程修了。理学博士(東京大学)。
      コロラド大学助教授、お茶の水女子大学理学部教授を歴任。
      昭和53年『若き数学者のアメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞、平成22年『名著講義』で文藝春秋読者賞を受賞、平成26年『孤愁』でロドリゲス通事賞を受賞。
      そのほか、『国家の品格』『国家と教養』『本屋を守れ』など著書多数。
      平成26年4月、姫路文学館長に就任。近著に『我が人生の応援歌(エール)』。

    作品規定

    • 対象は中学生以上、テーマは自由、400字詰め原稿用紙5枚以内。
    • 日本語で書かれた自作で、未発表のものに限る。 
    • 令和3年9月15日締め切り。

    受賞作および受賞者(敬称略)

    最優秀賞作品にはその内容も付します。

    中学生部門

    最優秀賞

    「いいね!ステイホーム」

    中井 大輔(なかい だいすけ 姫路市立城山中学校 1年 兵庫県姫路市在住)

    一年前の3月頃から休校になり、ステイホーム期間中に兄と4つのことを計画した。規則正しい生活、時間があるからこそできることをやってみること、変化を楽しむために何かを育てること、ご飯をみんなで食べること。それぞれに発見があり、家の中で楽しく過ごせるよう工夫する3ヶ月は貴重な時間になったし、あの時の時間の流れはとても心地よかった。これから成長するにつれ忙しくなるが、家族と過ごす時間は大切にしていきたい。

    優秀賞

    「この夏見つけた紙ワザのコミュニケーション」

    大山 凛菜(おおやま りんな 小林聖心女子学院中学校 2年 兵庫県西宮市在住)

    佳作

    「十五歳の夏に」

    東野 結香(ひがしの ゆいか 小林聖心女子学院中学校 3年 兵庫県西宮市在住)

    高校生部門

    最優秀賞

    「伝える相手は」

    近藤 千紗(こんどう ちさ 渋谷教育学園渋谷高等学校 1年 東京都世田谷区在住)

    作品概要

    英国の中学の授業で、第二次世界大戦について3ヶ月かけて当時のドイツの状況を教わった。先生から原爆投下について是非を問われた時、欧州ではホロコーストについての詳細な展示施設が多くあるのに、原爆の惨禍には海外ではほとんど触れる機会がないと気づいた。だからこそ原爆の記録を世界で共有できるよう力を注ぐべきであり、自分も英語で海外の人に伝えられるよう広島の平和記念資料館で見聞きしたことを心に焼き付けたい。

    優秀賞

    「車窓の景色」

    永田 来幸(ながた こゆき 姫路市立琴丘高等学校 1年 兵庫県朝来市在住)

    佳作

    「心の向日葵」

    齋藤 杏里紗(さいとう ありさ 兵庫県立姫路西高等学校 2年 兵庫県姫路市在住)

    一般部門

    年齢は発表日(令和3年12月21日)現在

    最優秀賞

    「さよなら、我が家」

    感王寺 美智子(かんのうじ みちこ 61歳 自営業 福岡県朝倉市在住)

    作品概要

    母が一人で住む築百年の実家が人手に渡ることになった。家具も荷物もそのままでいいという。それでも引き出しを開けては「これ、いらない?」と問う母。しかし、やがてぜんぶ置いていくことに決める。私は父の愛した山野草の庭で見つけたカタクリだけを貰っていくことにした。私と母は何も持っていけないが、軽やかな綿毛となって飛び立ち、その先でまた思い出の花を育てればいい。

    優秀賞

    「ご褒美」

    松田 良弘(まつだ よしひろ 46歳 会社員 大阪府羽曳野市在住)

    佳作

    「二度目の初心」

    常世 ゆかり(とこよ ゆかり 57歳 自由業 長野県南佐久郡在住)

    今回の応募状況

    応募総数 1,848点(中学生部門168点、高校生部門909点、一般部門771点)

    賞状、藤原正彦館長のサイン入り著書と副賞(以下のとおり)を贈呈します。

    中学生部門

    最優秀賞 図書カード10,000円分、優秀賞 図書カード5,000円分、佳作 図書カード2,000円分

    高校生部門

    最優秀賞 図書カード30,000円分、優秀賞 図書カード10,000円分、佳作 図書カード5,000円分

    一般部門

    最優秀賞 100,000円、優秀賞 30,000円、佳作 10,000円

    受賞作品の掲載

    入賞作品は、表彰式において配布する作品集(冊子)や、姫路文学館ホームページに掲載します。また、各部門の最優秀作は文化雑誌「バンカル」123号(2022年3月 姫路市文化国際交流財団発行)でも紹介します。

    表彰式

    日時

    令和4年1月22日(土曜日) 午後1時30分から午後3時00分まで(開場は午後12時30分から)

    場所

    姫路文学館 講堂(北館3階)

    内容

    • 表彰式
    • 各部門最優秀作(計3編)の朗読…音訳ボランティアグループ サークルさえずり  岡本伸子さん、吉田裕美さん
    • 藤原正彦姫路文学館長 講評・講演

    定員等

    当日先着80名、参加自由、無料

    • 新型コロナウィルス感染症の影響により、オンラインで開催する場合があります。姫路文学館ホームページ等でお知らせいたしますのでご確認ください。

    添付資料

    第7回藤原正彦エッセイコンクール表彰式チラシ

    お問い合わせ

    姫路市役所観光スポーツ局観光文化部姫路文学館

    住所: 〒670-0021 姫路市山野井町84番地

    住所の地図

    電話番号: 079-293-8228 ファクス番号: 079-298-2533

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム