ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    令和3年度姫路市災害対策本部運営訓練を実施します

    • 公開日:2021年11月4日
    • 更新日:2021年11月6日
    • ID:19159

    資料提供日

    令和3年11月4日(木曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市危機管理室
    担当者 井上
    電話番号 079-221-2079


    本市に想定される災害で最大規模の山崎断層帯地震に対し、被害を最小限に抑えることを目的としてロールプレイング方式による図上訓練を実施します。

    実施日時

    令和3年11月10日(水曜日) 午後1時00分から午後5時20分まで

    実施場所

    防災センター3階及び5階、姫路市本庁舎10階大会議室

    訓練参加機関

    22機関 約240名

    • 姫路市・兵庫県・防災関係機関・医療機関

    訓練概要

    訓練目的

    山崎断層帯地震発生時における災害対策本部の運営について、図上訓練を実施して姫路市災害対策本部規程等に基づく災害対策本部の組織・機能・配置等を検証するとともに、災害対策本部各班及び関係職員の災害対応能力を向上することを目的として訓練を実施します。

    訓練想定

    災害状況

    • 令和3年11月8日(月曜日) 8時頃発災(発災後53時間経過後から訓練開始)
    • 山崎断層帯地震(連動型)
    • マグニチュード8.0
    • 姫路市内の最大震度は7、また市域の広い範囲で震度6弱以上を観測
    • 津波の発生は観測されず

    被害想定

    • 人的被害:死者390人、行方不明60人、負傷者約3,500人(うち重傷者400人)
    • 避難者数:約19,000人(約250箇所の指定避難所に避難)
    • 建物被害:半壊以上約57,000棟
    • ライフライン:市中部・南部を中心に広域に停電・断水・ガス供給停止。電話については、非常時優先電話・公衆電話は復旧

    中止基準

    訓練当日午前6時00分に、姫路市に気象警報が発表されている場合、または大雨、洪水、高潮に関するいずれかの注意報が発表され、今後警報に切り替わる可能性がある場合には訓練を中止します。また、大規模災害等が発生している場合も状況により訓練を中止します。

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所政策局危機管理室

    住所: 〒670-0940 姫路市三左衛門堀西の町3番地 防災センター5階

    住所の地図

    電話番号: 079-223-9594 ファクス番号: 079-223-9541

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム