ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    空家等対策の推進に関する特別措置法に基づく行政代執行について

    • 公開日:2021年11月26日
    • 更新日:2021年11月28日
    • ID:19370

    資料提供日

    令和3年11月26日(金曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市住宅課
    担当者 石井、坂本、吉川
    電話番号 079-221-2642

    空家等対策の推進に関する特別措置法(平成26年11月27日法律第127号。以下「法」という。)第2条第2項に規定する、そのまま放置すれば倒壊等著しく保安上危険となるおそれのある状態の特定空家等と認められる建築物について、法第14条第3項の規定により必要な措置を命じましたが、措置期限までに措置が実施されなかったため、法第14条第9項の規定に基づき、行政代執行法(昭和23年法律第43号)の定めるところに従い、所有者等が判明している特定空家等としては、姫路市において2例目となる行政代執行を実施いたします。

    建築物の概要

    • 所在:姫路市四郷町中鈴59番地2、59番地3
    • 所有者:登記上の所有者は、登記時点で和歌山県在住の個人
    • 命令の対象者:同上
    • 用途:住宅
    • 構造・規模:木造瓦葺2階建て
    • 床面積:約105平方メートル
    • 建築年:登記簿上は不明
    • 建築物の状況:所有者が部分的に解体した廃材が野積みされており、保安上危険な状態に該当

    行政代執行に至った経緯

    平成16年4月より所有者等に再三指導を行ってきましたが、適切な対応がなされませんでした。当該空家は、2度の火災に見舞われ、危険な状態となり、平成28年9月に現所有者に所有権が移転され、改めて指導を開始しました。
    しかしながら、度重なる勧告にも係らず安全措置が実施されず、命令に至りました。命令を受け、所有者自ら部分的に解体等を行いましたが、命令の完全履行には至りませんでした
    その後、命令内容の完全履行を求め、重ねて指導を行いましたが、指導に従わず、命令の履行に至らなかったため、令和2年12月末日までに命令の内容を履行するように戒告を行い、当該戒告の措置期限を過ぎても命令内容が履行されませんでした。令和3年10月20日に行政代執行の開始宣言を行う予定でしたが、所有者が工程表等を提出し、解体の意思を示したので執行を見合わせましたが、工程表通りに履行しなかったため、法第14条第9項の規定に基づき、行政代執行法(昭和23年法律第43号)の定めるところに従い、姫路市において除却を行います。

    執行予定

    12月1日(水曜日)午前10時30分から代執行開始宣言を行う予定です。

    • 所有者が代執行開始宣言までに命令内容を履行した場合等は、中止等とする場合があります。

    執行内容

    建築物の基礎を除く地上部分の除却 (命令の内容と同一)

    行政代執行費用

    実施設計費用及び工事請負契約費用の合計(金額は未確定。)

    費用回収について

    行政代執行法第5条及び第6条に基づき、義務者に対し徴収を行っていく予定です

    位置図

    執行場所位置図

    現況写真

    現況写真1
    現況写真2
    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所都市局公共建築部住宅課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎5階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2632 ファクス番号: 079-221-2639

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム