ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    生徒・学校・PTAによる校則見直し検討会議(姫路市立灘中学校)

    • 公開日:2022年2月22日
    • 更新日:2022年2月24日
    • ID:20164

    資料提供日

    令和4年2月22日(火曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市学校指導課
    担当者 上野 裕哉
    電話番号 079-221-2767

    姫路市立灘中学校
    担当  歌崎
    電話番号 079-245-0226

    取材していただける場合は、事前に連絡してください。

    校則見直し検討会議について

    日時

    令和4年2月28日(月曜日) 午後4時から午後5時30分まで

    場所

    姫路市立灘中学校 図書室

    内容

    • 生徒会・学校・PTAによる校則見直し検討会議を開催予定
    • 生徒会本部役員が、「校則見直し(案2)」について、PTA本部役員、生徒指導部を中心とする教員の前で、プレゼンテーションを行う。
    • 校区にある飾磨高等学校の生徒指導主任にオブザーバーとして出席してもらい、必要に応じて意見を求める。
    • (案2)に対して協議し、共通理解が得られる内容については新年度から実施する。意見が分かれる内容については、継続審議として新年度に入っても取組を続けていく。

    校則見直しについて

    高等学校や中学校における校則については、「ブラック校則」と言われるように、「社会通念上どうだろか」と思われる内容のものがあります。本校では、制服移行期間の自由度を大きくしたり、靴下に関する細かい指導を止めたり、黒色ストッキングを許可する等、毎年、校則については生徒指導部を中心に見直しを図っています。
    今年度、姫路市全体としては数校が制服を見直す予定と聞いていますが、本校におきましては、「校則見直しを進めていく上で、必要なら制服見直しの検討に入る」というスタンスで、まずは校則全体の見直し作業に入り、以下の手順を踏んだ上で、今回、生徒、保護者、教員の3者で、その詰めのための会議を計画します。
    生徒会を中心とする実践を通して、中学生の素直さやPTAの協力体制等について、新聞などで紹介していただければ幸いです。

    今年度のこれまでの取組

    1学期

    • 生徒指導部(教員)を中心に見直し作業を実施する。

    夏休み

    • 高校の校則について、生徒が希望する4校から聞き取りを行う。
       (生徒会本部役員の生徒と生徒指導主任が高校を訪問して聞き取りを行う)

    2学期

    • 高校の校則を参考にしながら、生徒会本部役員で「校則見直し(案)」を策定し、発表用のスライド資料を作成する。
    • 12月24日(金曜日)、生徒会本部役員が、上記スライドを用いて「校則見直し(案)」のプレゼンテーションを教員に対して行う。(下の写真)
    • その(案)に対して、教員が意見を出し合い集約する。その集約したものを生徒会本部役員にフィードバックし、見直し項目を焦点化させる。

    3学期

    • 10点ほどに集約された見直し項目を教員で確認し、その是非を議論する。
    • 教員の意見を生徒指導部でまとめ、(案2)として生徒会本部とすり合わせを行う。
    生徒が教員向けにプレゼンをしている様子

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局学校教育部学校指導課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地北別館6階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2766 ファクス番号: 079-221-2749

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム