ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    千姫・忠刻復元着物の特別展示について

    • 公開日:2022年4月14日
    • 更新日:2022年4月16日
    • ID:20633

    資料提供日

    令和4年4月14日(木曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路城管理事務所
    担当者 阿蘇、平井
    電話番号 079-285-1146

    前年度に引き続き、千姫・忠刻復元着物特別展示を実施いたします。

    展示期間

    令和4年4月22日(金曜日)から5月8日(日曜日)まで

    令和4年9月12日(月曜日)から9月25日(日曜日)まで


    千姫・忠刻復元着物特別展示は、復元着物の活用のため、今後も定期的に実施いたします(年4回の予定)。
    本展示を含む、姫路城内で実施する展示は、

    「姫路城の特別展示について」
    https://www.city.himeji.lg.jp/castle/0000016579.html

    をご参照ください(随時更新)。

    展示場所

    • 姫路城西の丸 カの渡櫓(百間廊下)
    • 姫路城西の丸 化粧櫓

    展示時間

    午前9時から午後4時30分まで

    • 百間廊下への入口は午後4時に閉まりますのでご注意ください。

    観覧料(着物展示期間のみ)

    200円 (大人・小人 共通)

    • 前回の観覧料を見直し、改定しています。
    • 復元着物を特別展示する期間、化粧櫓の入室は観覧料が必要です。
    • 特別展示以外の期間は着物を保存するため、実物を模したパネルでの展示となり、観覧料は無料です。

    展示内容

    カの渡櫓(百間廊下)

    西の丸長局内の千姫の生涯にかかる展示を充実させ、着物の復元工程を映像で解説します。

    化粧櫓での着物展示に向けて期待感を高める展示としています。

    化粧櫓

    文化庁のLiving History(生きた歴史体験)事業の一環で製作した復元着物の展示室として整備しました。

    「千姫姿絵」(茨城県常総市 弘経寺蔵)を元に忠実に復元した千姫の打掛と小袖、およびその夫・本多忠刻(ただとき)の胴服と小袖を解説グラフィックとともに展示します。

    着物へのダメージを考慮し、1回の展示期間は20日間程度に制限します。

    千姫・忠刻復元着物特別展示チラシ

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所観光スポーツ局姫路城総合管理室姫路城管理事務所

    住所: 〒670-0012 姫路市本町68番地 姫路城三の丸広場北側

    住所の地図

    電話番号: 079-285-1146 ファクス番号: 079-222-6050

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム