ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    令和4年度姫路駅周辺・都市型災害対応訓練を姫路駅周辺で実施

    • 公開日:2022年11月2日
    • 更新日:2022年11月4日
    • ID:22549

    資料提供日

    令和4年11月2日(水曜日)

    問い合わせ先

    姫路市姫路東消防署 指揮第二担当
    担当者 田靡、山本、江川
    電話 079-288-0119

    開催日時

    令和4年11月9日(水曜日) 午前10時30分から午前11時30分(小雨決行)

    開催場所

    姫路駅周辺(姫路駅北にぎわい交流広場・中央地下通路・周辺事業所等)

    目的

    近年の世界的な新型コロナウイルス感染症拡大により、姫路市においても観光客の減少やさまざまなイベントの中止等の影響がありました。しかし、ワクチン接種の増加や感染予防対策の徹底がなされたことにより感染がピークアウトを迎え、また、姫路駅周辺においても今後は観光客が増加し、大型イベントも開催されることから多数の集客が見込まれます。
    こうした中、今後発生が予想され、甚大な被害が危惧される地震災害等に対処するとともに、近年の世界情勢を鑑みると、我が国に対する弾道ミサイル攻撃の脅威も高まってきていることから、これらを想定した訓練を実施することで、消防局、危機管理室及び医療機関並びに関係事業所等が、訓練を通じてより良い相互関係を築き、協働による初動対応能力の強化を図ることを目的としております。

    参加機関(18機関、約300人、車両14台)

    • 公的機関(姫路市消防局・姫路市危機管理室)
    • 医療機関(DMAT等 3病院)
    • 事業所等(姫路駅周辺13事業所)

    訓練想定

    大規模地震により、広域的な被害が発生し、姫路駅周辺では災害が同時多発している。またX国より日本へ向け、発射された弾道ミサイルは、本市を含む近畿地方上空を通過する見込であるため、Jアラートによる発射・通過情報を受信、訓練隊員及び企業関係者は安全確保のために、中央地下通路へ負傷者の避難誘導を実施する。

    実施内容

    • 消防局・危機管理室
      応急無線基地局開設、指揮隊2隊による統括指揮、高所救助訓練、現場救護所運営訓練、国民保護訓練に伴う中央地下通路への避難誘導等
    • 医療機関・消防局
      現場救護所運営訓練、トリアージ、応急処置等
    • 事業所
      被害状況把握、避難誘導、初期消火、119番通報、負傷者の応急処置、現場救護所への搬送等

    昨年度の訓練風景

    はしご車による放水訓練

    はしご車を用いた高所救助の様子

    救助隊による救出訓練

    救出訓練の様子

    お問い合わせ

    姫路市役所消防局 消防局総務課

    住所: 〒670-0940 姫路市三左衛門堀西の町3番地 防災センター3階

    住所の地図

    電話番号: 079-223-9503 ファクス番号: 079-223-9542

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム