ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    「アグリテック甲子園2023」の参加者を募集します

    • 公開日:2023年6月29日
    • 更新日:2023年7月1日
    • ID:24672

    資料提供日

    令和5年6月29日(木曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市農政総務課
    担当者 柿本、井上(環)、藤井
    電話番号 079-221-2496

    第3回目となる「アグリテック甲子園2023」は、アグリテックのアイデアやビジネスプランを競い、将来のアグリテックの担い手を育成することを目的とした大会です。全国の大学生・高校生等を対象に、参加者を募集します。

    募集概要

    参加申込受付期間

    令和5年7月3日(月曜日)から令和5年9月15日(金曜日)

    申込方法

    アグリテック甲子園公式ホームページの申込フォームに必要事項を入力

    参加費

    無料

    対象

    国内の大学院、大学、専門学校、高等専門学校、高等学校に在学中の学生

    • 個人でもチームでも応募可能

    定員

    最大40名(1チーム5名まで。最大8チーム)

    • なお、申込多数の場合は書類審査による1次選考(予選)を実施し、結果は10月2日(月曜日)以降に応募者に連絡します。

    テーマ

    「私たちの未来の食料生産を支えるスマート農業」

    2030年までに世界人口は85億人に達すると予測され、食料需給バランスの変動により、現在のような食の多様性が失われかねない状況です。また、地球温暖化・生物多様性の減少など、地球環境問題は年々深刻化しています。
    これらの課題に対応するために、世界で進められているのが農業DXです。四方を海に囲まれ、南北に長い地形、山が多く平野が少なく、世界でも有数の多雨の国で育まれた日本独自の農業。ユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」は、世界的にもかなり特殊と言われる日本農業に支えられてきました。私たちが未来に残したい日本農業と和食文化。その食料生産を守るスマート農業の活用アイデアを募集します。

    出場決定後のフォロー

    出場決定チームは、ソフトバンク株式会社の子会社で新規事業を手掛けるSBイノベンチャー株式会社別ウィンドウで開くによるメンタリングをオンラインで受け、本番までにアイデアをブラッシュアップすることができます。

    出場証明書の発行

    アグリテック甲子園2023の出場者には出場証明書を発行します。

    「アグリテック甲子園2023」イベント概要

    会場(アクリエひめじ)とオンライン配信のハイブリッド開催です。(遠方から参加される方はオンラインでも参加できます。)

    大会日程

    令和6年1月21日(日曜日)午後1時から午後6時

    会場

    アクリエひめじ 展示場C

    主な内容

    1. アイデア発表プレゼン及び審査結果発表
    2. 姫路市の農業ロボット(Farmbot)活用事例報告
    3. スマート市民農園事業に関連する展示
    4. 特別講演 「植物密生地での種植え・雑草剪定・収穫が可能な農作業支援ロボットの開発」 早稲田大学理工学術院総合研究所 研究院講師 大谷 拓也(オオタニ タクヤ)氏

    詳しい内容やタイムスケジュール等は、順次、アグリテック甲子園公式ホームページ別ウィンドウで開くに掲載します。

    主催

    姫路市

    アグリテック甲子園2023のチラシ
    アグリテック甲子園2022の様子の写真

    アグリテック甲子園2022の様子

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所農林水産環境局農林水産部農政総務課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎7階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2472 ファクス番号: 079-221-2996

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム