姫路ロボ・チャレンジのロゴ
【姫路ロボ・チャレンジ】第3回大会(2006年12月)

 すっかり姫路科学館に定着した「姫路ロボ・チャレンジ」。第2回大会を上回る総勢47台のロボットエントリーして、2日間にわたって、熱戦を繰り広げました。

impress robot-watchでも紹介されました。

エントリークラス(12月9日)

初心者大歓迎のクラスです。 エントリークラスの様子

デモンストレーション

各自2分間でロボットの性能をアピールしました。

ロボットかけっこゲーム(3,000mm走)

3,000mmのタイムトライヤルをしました。

落ちたら負けよゲーム

30cm幅の板の上で落としあいをします。トーナメントで優勝を決めます

総合成績

2つの競技の成績に、観客からのファン投票のポイントを加算して、総合成績を決めます。

スタンダードクラス(12月10日)

全国大会出場経験者による、本格バトルが目の前で繰り広げられました。 ロボットバトルゲーム

デモンストレーション

各自2分間でロボットの性能をアピールしました。

ロボカーナ

全長5,000mmのコースでタイムトライヤルをしました。

落ちたら負けよゲーム

落ちたら負けよ

30cm幅の板の上で2分間落としあい。

ロボットバトルゲーム

特設リングの上で、3分1ラウンドのバトルをしました。(動画

総合成績

表彰式の様子

3つの競技と観客からの「投票ポイント」の合計で、総合成績が決まりました。

姫路ロボ・チャレンジとは

過去の対戦