姫路科学館>収蔵資料・調査研究>自然系ジュニア学芸員講座

姫路科学館・自然系ジュニア学芸員講座

自然系ジュニア学芸員

姫路科学館では2012年から、小学生から高校生を対象に、自然史に関する資料の採集、保存、展示などを通年で体験する「ジュニア学芸員」という企画を実施しています。

目的

学校教育や教科学習の枠におさまらないような、生物学や地質学に対して大きな興味・関心・好奇心を持つ生徒児童向けに、将来、自然系の仕事、研究や学芸員を目指すきっかけとなるよう、博物館学芸員の実務を通した専門的内容を実習しています。
講座を終了した後にも、科学館を拠点にして生物や地質の調査研究を行う、学芸員のサポートや講座・観察会や展示のアシスタントを務めるなど、科学館の自然史分野の活動への参画や、講座日以外にも自主的実習に科学館へ通うような、積極的な活動を期待しています。
そして、講座を通じ「郷土の自然」に誇りと愛着を持つきっかけ、生物多様性地域戦略への関心を深める機会となることを願っています。

2020年度の参加者

2020年度の参加者の受付は、4月5日(日曜日)到着分をもって締め切りました。

講座・実習内容

自然史標本(植物・きのこ・昆虫・貝類、化石、岩石など)の作製、写真撮影、整理・管理、防 虫処理、 自然のおはなし会での発表、 展示物の立案・作製 などの自然史分野学芸員の実務を実習 します。

実習場所

科学館の第1~6収蔵室、研究室、展示室、その他

対象学年

小学5年生~高校2年生まで10名程度(応募者多数の場合は書類選考)

費用

無料(実習に使用する道具(長靴・上靴など)やメールアドレス等が必要です)

参加条件

  1. 1年を通して講座を受講し、レポートを提出できる人
  2. 生物、化石、地質等の自然が好きで、強い興味・好奇心を持っている人
  3. 自ら積極的・意欲的に、自分の分からない事を「調べ」「考え」られる人
  4. 科学館スタッフの一員としての強い自覚と高い意識を持って実習できる人
  5. 他の受講生とチームワーク を大事にし、協力 して実習をやり遂げられる人

2020年度の日程(予定)

テーマや実習内容は、自然史分野学芸員のその時期の業務に沿って決める予定です。

日付  時間   日付  時間
第1回 4月19日(日) 9時50分~16時55分 第6回 10月11日(日) 9時15分~16時55分
第2回 5月24日(日) 9時50分~16時55分 第7回 11月22日(日) 9時50分~16時55分
第3回 6月7日(日) 9時50分~16時55分 第8回 12月20日(日) 9時50分~16時55分
第4回 7月19日(日) 9時50分~16時55分 第9回 2021年2月7日(日) 9時50分~16時55分
第5回 8月30日(日) 9時15分~16時20分

これまでの活動報告