姫路科学館>収蔵資料・調査研究>自然系ジュニア学芸員講座

姫路科学館・自然系ジュニア学芸員講座

自然系ジュニア学芸員

姫路科学館では2012年から、小学生から高校生を対象に、自然史に関する資料の採集、保存、展示などを通年で体験する「自然系ジュニア学芸員講座」を実施しています。

目的

学芸員の仕事を実際に体験しながら、地域の自然に目を向け、詳しく調べる力を身に着ける機会とします。
また、博物館の活動や、生物学、地球科学に関する興味・関心を深め、博物館学芸員を含む自然系の仕事、研究を目指す人を育成します。

2024年度の募集(2月17日から3月31日まで)

2024年度の参加者の募集は、3月31日(日曜日)到着まで受付けます。(開講後の年度途中での募集はありません)

募集要項

2024年度の募集要項(PDF)

申込時の提出物

郵送、または姫路科学館に持参してください。

講座・実習内容

野外での採集・観察、標本の作製、整理・管理、科学館イベントでの発表、展示物の作製などを実践的に学びます。(テーマは学芸員のその時期の業務に沿って決める予定です)

実習場所

姫路科学館4階 実験室、工作室ほか。フィールドワークもあります。

対象学年

小学5年生~高校2年生まで10名程度(応募者多数の場合は書類選考)

費用

500円(傷害保険の加入料込、実習に使用する道具(長靴・上靴など)等が必要です)

参加条件

  1. 自然が好きであること
  2. 体調不良や学校行事などのやむを得ない場合を除き、全12回の活動に参加する
  3. 毎回の活動について、レポートを提出する
  4. 出欠やレポートについて必ず連絡する
  5. 分からないことは自分で調べたり考えたりする
  6. 科学館スタッフの一員としての自覚を持つ
  7. 他の受講生とチームワークを大切にする

講座日以外でも自主的に科学館へ来て、科学館の活動をサポートしたいという人を歓迎します!

これまでの活動報告