姫路ロボ・チャレンジのロゴ
【姫路ロボ・チャレンジ】対戦集

【姫路ロボ・チャレンジ】実行委員会について

 姫路ロボ・チャレンジ実行委員会は、最先端技術として幅広い年齢層の関心を集めるロボットをテーマに、姫路科学館(姫路市教育委員会)が開催するロボット競技会「姫路ロボ・チャレンジ」の企画・運営に共同であたるために2006年4月に組織されました。

第1回大会(2005年12月11日開催)

参加ロボット:16台 来場者:767人
 兵庫県内では初の、2足歩行ロボットの競技会として「姫路ロボ・チャレンジ」がスタートしました。

第2回大会(2006年7月8・9日開催)

参加ロボット:34台 来場者:2,021人
 プレロボットクラス「ゴム・ワングランプリ」、姫路科学館で開催した「2足歩行ロボット製作講座」の参加者を含む「エントリークラス」、全国大会出場経験者も含む「スタンダードクラス」の3部門で競技を行いました。

関連報道記事:神戸新聞(6/10・7/6・7/9)、読売新聞(6/30)、朝日新聞(7/5)、産経新聞(7/9)

第3回大会(2006年12月9・10日開催)

参加ロボット:47台 来場者:860人
 今大会では、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

関連報道記事:神戸新聞(11/24・12/8)、読売新聞(12/10)、毎日新聞(12/10)

第4回大会(2007年7月14・15日開催)

参加ロボット:30台(当日欠場3台) 来場者:3,849人
 当日は台風の接近によりロボットの欠場などがありましたが、多数の来場者がありました。今大会でも、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

関連報道記事:神戸新聞(7/13・7/15)、読売新聞(7/15)

第5回大会(2007年12月22・23日開催)

参加ロボット:35台(当日欠場1台) 来場者:1,501人
 今大会でも、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

関連報道記事:読売新聞(12/22)、産経新聞(12/23)

第6回大会(2008年7月12・13日開催)

参加ロボット:38台 来場者:2,695人
 今大会でも、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

関連報道記事:朝日新聞(7/13)、神戸新聞(7/15)

第7回大会(2008年12月20・21日開催)

参加ロボット:52台 来場者:1,433人
 今大会でも、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

第8回大会(2009年8月30日開催)

参加ロボット:33台 来場者:1,020人
 今大会はエントリークラス限定でしたが、ハイレベルな戦いが繰り広げられました。

第9回大会(2009年12月19・20日開催)

参加ロボット:48台 来場者:1,848人
 今大会でも、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

第10回記念大会(2010年7月17・18日開催)

参加ロボット:39台(当日欠場2台) 来場者:4,953人
 今大会でも、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

 

第11回記念大会(2010年12月18・19日開催)

参加ロボット:48台 来場者:人
 今大会でも、スタンダードクラス総合優勝者に「ROBO-ONE」の決勝出場権が副賞として贈られました。

姫路ロボ・チャレンジとは

過去の対戦