姫路科学館>職員募集

姫路科学館・職員募集と商取引

このページでは職員募集、取引業者募集についてお知らせします。不明な点は庶務担当に電話でお問い合わせください。

姫路科学館の職員になるには

姫路科学館の職員には、姫路市の常勤採用職員と会計年度任用職員の区分があります。それぞれ募集の方法や時期が違いますのでご注意ください。

学芸普及員(SA:サイエンスアテンダント)(会計年度任用職員)

展示物の解説やサイエンスショー、入口の改札業務など、科学館の顔となるスタッフです。欠員に合わせて募集を行います。
具体的な仕事内容に関しては、「SAになろう」のページをご覧ください。

最新:令和4年(2022年)4月1日採用の募集は1月31日(月曜日)17時到着分で終了しました。

一般事務補助職員(会計年度任用職員)

主に事務室内での事務補助と、館内でのイベントの補助を担うスタッフです。欠員に合わせて募集を行います。

最新:令和4年(2022年)4月1日採用の募集は1月31日(月曜日)17時到着分で終了しました。

パートタイム職員(会計年度任用職員)

募集要項(PDF) 6月3日(金曜日)必着締め切りです。

主に特別展の期間中に改札や会場内の安全監視を担うスタッフです。欠員に合わせて募集を行います。

最新:2022年夏の特別展を担当する要員の募集は6月3日(金曜日)締め切りです。

プラネタリウム専門員(会計年度任用職員)

主に、プラネタリムでの解説や投影を担当するスタッフです。欠員に合わせて募集を行います

最新:2022年5月1日採用の募集は、3月28日(月曜日)で終了しました。

その他

学芸員を含むイベントの企画・実施、収蔵品の管理、プラネタリウムの運営をする職員や庶務管理部門の職員は、姫路市の行政職として採用された者や学校教員の再任用として配属されています。募集の詳細は姫路市役所人事課にお問い合わせください。

最近の実績:2019年度秋に、2020年4月採用の主に自然史分野を担当する「学芸員(科学)」の募集がありました。

姫路科学館との商取引について

姫路科学館は、姫路市教育委員会の直営施設(市役所の出先機関)です。物品販売・役務提供を問わず当館と取引を希望される方は、必ず姫路市役所の「業者登録(入札参加資格)」が必要です。
業者登録のない方とは【一切取引ができません】。無駄足になるのは大変恐縮ですので、営業で電話・メール・来館される前に御社の登録状況を必ずご確認ください。

姫路科学館における観覧料等の徴収事務の委託について

姫路科学館における観覧料等の徴収事務を次のとおり委託しました。