最終更新日 2021年1月18日

Information (PDF)

姫路科学館のロゴマーク 館内の様子

姫路科学館
科学の展示とプラネタリウム

「実験体験・本物体験・コミュニケーション」
「ここでしかできない体験ができる」科学館へようこそ!

姫路科学館の常設展示では、たくさんのオリジナル展示装置で「実験体験」し、実物資料で「本物体験」ができます。また、スタッフによる展示解説やサイエンスショー、おはなし会など、「コミュニケーション」の舞台もあります。
そして、世界有数の直径27mのドームをもつプラネタリウムでは、専門員の個性あふれる解説と満天の星を楽しめます。

姫路科学館の営業について(1月14日更新)

現在、兵庫県に新型コロナウイルス感染症に関する緊急事態宣言が発出されています。(2月7日(日曜日)まで)

一部の展示物を除き、常設展示・プラネタリウム共に感染症対策をしながら通常営業していますが、今後の状況に関してはこのホームページでお知らせいたします。
(参考:姫路科学館における、新型コロナウイルス感染症対策について)

イベントの中止

姫路市の方針で下記のイベントは中止といたします。(参考:緊急事態宣言の再発出に伴う姫路市の主な対応)

現在、利用できません

来館に際してのお願い

館内でのお願い

みなさんとスタッフの両方を守るためのルールを設けております。発熱があったり体調のすぐれない場合は、ご来館を控えてください。また、入場制限を行う場合もありますので、予めご了承ください。
検温や用紙の記入のために時間がかかりますので、プラネタリウムの投影に間に合うように、余裕をもってお越しください。

来館前
マスクを着用の上ご来館ください。
館の入口
入館前にサーモカメラで検温を行います。(体温が37.5度以上の方や、体調のすぐれない方は入館できません)
館に入ると1
手指の消毒をしてください。消毒薬は各所に置いております。
館に入ると2
来館された方のお名前と連絡先をカードに記入して頂きます。また、兵庫県新型コロナ追跡システムもご利用いただけます。
常設展示室では
定期的に展示室を閉鎖して消毒の時間を設けます。
プラネタリウムでは1
他の来館者の方と距離を取るように座席の間隔をあけて定員を半減しています。(整理券により入場制限をする場合もあります)
プラネタリウムでは2
投影終了後に使用した座席の消毒を行います。また、基準を満たすように常時換気を行っております。

特別展「科学とアートの驚き館」は1月25日まで

科学とアートイメージ

会期も残りわずか。
子どもから大人まで、錯覚を利用した視覚トリックで、平衡感覚、大きさの認識、色彩に対する感覚などを揺さぶるアートの展示をお楽しみください。

さて、どんな展示なのかは特別展「科学とアートの驚きの館」のページで。

プラネタリウム投影内容の変更

1月30日(土曜日)の9時45分からの全天映画「LIFE いのち」は、イベント開催のため投影がありません。

冬の「姫路ロボ・チャレンジ」は

2020年11月開催の「ゴム・ワン®グランプリ」と12月の「姫路ロボ・チャレンジ」は、「会場でライブで見てみんなで盛り上がる」というのが大切だと考えていますが、国や県の指針に沿った上でみなさんが集まって開催するのは困難と判断したため、やむなくホームぺージでの「リモート開催」といたします。

詳しくは、ロボットイベントのページをご覧ください。

募集中

姫路科学館で実施する、イベント等の参加者を募集しています。

作品募集:「ひめじのいきもの」写真募集

生き物の写真募集中

2021年3月開催の第4回生物多様性写真展「ひめじのいきもの」に向けて、姫路とその周辺に暮らす生き物たちの写真を募集したします。
締め切りは2021年1月31日(日曜日)までです。

募集要項や投稿フォームは、「ひめじのいきもの」のページをご覧ください。

講座や工作会

3月までのイベントの募集は終了いたしました。

工作会や教室、「サイエンスエキスパート講座」など、事前にお申込みが必要なイベントのお知らせは、講座と教室のページをご覧下さい。
受付は原則、イベント開催日の6週間前から2週間前までです。抽選ですので、あわてずにお申込みください。

企画展「新春植物展」は終了しました

「新春おみくじ」を引いてくださったみなさん、どんなカードが出ましたか?

姫路科学館友の会

2021年度の会員募集は2月1日(月曜日)から開始です。来年度も、臨時休館や各種イベントが中止になる可能性がありますが、有効期間の変更や特典の変更はいたしませんのでご了承ください。

姫路科学館友の会に入会すると、【常設展示の随時無料観覧】等の様々な特典があります。ぜひ、友の会に入会し、科学の不思議さや面白さを思い切り体験してください。入会のご案内は、姫路科学館友の会のページをご覧ください。

姫路科学館発!科学の話題

姫路科学館の特徴

姫路科学館は、「科学好きのみんなを育てる科学館」を目指しています。

■「実験体験」「本物体験」「コミュニケーション」
 常設展示は「実験体験」と「本物体験」を重視しています。 「私たちの宇宙」や「身のまわりの科学」のフロアにある展示装置は、法則を見せる展示ではなく、重力や風など自然の中にあるふしぎな現象を体験したり、 条件を変えて現象を作り出す実験をする、姫路科学館オリジナルの装置です。そして 「地球と郷土の自然」のフロアでは、昆虫や鳥、キノコなど姫路科学館の豊富な実物資料を、定期的に入れ替えて展示します。
 また、スタッフが展示を通してお客様とコミュニケーションをとるほか、各フロアにある専用スペースでは、 目の前で実験をする「サイエンスショー」や最新の情報を映像と生解説で紹介する「おはなし会」などの、人が介在するミニイベントを開催します。
■姫路科学館のプラネタリウム
 直径27m、世界有数・国内4位のドームスクリーンをもつプラネタリウムでは、全天周映像による「全天映画」の上映や、より美しい星空の再現、快適なフロアを実現しました。また、スタッフによる生解説で、一期一会の投影をしています。
■姫路科学館の周辺(桜山公園)
 姫路科学館は水と緑に恵まれた「桜山公園」の中にあります。周辺の美しい自然も、大切な展示のひとつです。また、科学館周辺にある施設(星の子館、自然観察の森、県立こどもの館)と協力して、自然を楽しむ様々なプログラムを実施しています。