姫路科学館>プラネタリウム

姫路科学館・プラネタリウム

姫路科学館のプラネタリウム

姫路科学館のプラネタリウムは、世界有数(直径27m)のドームを持つプラネタリウムです。専門解説員がライブでお伝えする星空案内や、迫力ある全天映画をお楽しみください。
観覧料は、ご利用案内のページでご確認ください。

姫路科学館の営業について(10月1日更新)

姫路科学館は姫路市の対処方針に従い、一部制限をしながら開館しています。
兵庫県の「緊急事態宣言」は解除となりましたが、感染リスクの高い行動は控え、これまで同様の感染予防対策にご協力下さい。

(参考:姫路科学館における、新型コロナウイルス感染症対策)

プラネタリウム休演のお知らせ(12月)

2021年12月6日(月曜日)から12月22日(水曜日)までは、映像機器更新のためプラネタリウムは休演となります。(常設展示は平常営業いたします)

プラネタリウム観覧に際してのお願い

座席

検温や来館者カードの記入もありますので、時間に余裕をもってご来館ください。

マスクは必須です
マスクを着用の上ご来館ください。
検温
入館時に非接触型温度計で検温を行います。体温が37.5度以上の方や、体調のすぐれない方は入館できません。
座席の消毒
投影終了後に毎回、使用した座席の消毒を行います。
常時換気
基準を満たすように常時換気を行っております。

プラネタリウムの投影スケジュール

姫路科学館のプラネタリウムでは、通常2種類の番組があります。投影時間は、どちらも約45分間です。

通常時の投影スケジュール
開演時刻
(開場は10分前)
平日 土曜日・祝日
夏休み等の平日
日曜日
9時45分 団体予約専用   全天映画C
11時 星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題
12時45分 団体予約専用 全天映画A 全天映画A
13時50分 全天映画A 星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題
14時55分 星空案内と
宇宙の話題
全天映画B
全天映画B
16時 全天映画B 星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題

お願い

  • 投影は「各回入れ替え制」で、チケットは投影ごとに必要です
  • 開演後の入退場はできません
  • 小学生未満の幼児の入場は無料ですが、保護者の方の付き添いが必要です
  • 夏休みなどの混雑時には整理券を発行する場合があります
  • 「団体予約専用」の時間は、予約があるときのみ投影があります。ご希望があれば、一般の方も一緒に投影をご覧頂けます。

星空案内と宇宙の話題

今頃見える星空のご案内と月替わりで最新の宇宙の話題を、解説員が生解説・ライブでお届けします。解説員の個性あふれる、その日・その時だけの投影をご覧ください。

星空案内

「今夜、星空を見るのが楽しみ!」と思って頂けるように、最新の話題を織り交ぜながら、解説員が星空の見どころをご紹介します。

宇宙の話題

月替わりのテーマで、天文や宇宙の様々な話題をご紹介しています。(これまで投影したテーマ)

2021年11月20日~12月5日【惑星グランドツアー】
太陽系の色々な惑星を旅しましょう。
2021年12月6日~12月22日【プラネタリウム休演】
映像機器更新のため休演となります。
2021年12月23日~12月26日【惑星グランドツアー】
太陽系の色々な惑星を旅しましょう。
2022年1月【2022年の星空】
2022年には、どんな天文現象があるのでしょう?1年分の星空の見どころを紹介します。
2022年2月【星の大きさを測る】
太陽よりはるかに大きくても、小さな点にしか見えない星。星の大きさはどんな方法で測るのでしょうか?
2022年3月【二十四節気】
季節の変化と月の満ち欠けを繋ぐ大事な基準点・二十四節気を紹介します

(イラスト:Coyuki氏)

全天映画

プラネタリウムドーム全体を使った迫力ある映像で、宇宙や科学の面白さをお伝えします。前半に、今夜の星空の見どころも紹介いたします。

開演時刻 9月29日から12月5日まで
全天映画A 平日 13時50分
休日 12時45分
ハナビリウム
全天映画B 平日 16時
休日 14時55分
銀河鉄道の夜
全天映画C 日曜 9時45分 エッシャーユニバース

全天映画A『ハナビリウム~花火ってなんであるの?~』

ハナビリウム

2021年12月5日(日曜日)まで(休演明けの12月23日(木曜日)からは「全天映画C」)
今夜の星空案内+本編(25分)

夜空を彩る美しい花火が、全天映画に登場します。その美しく計算された色に隠された化学の世界を紹介します。

作品の公式ページ(外部サイト)

全天映画B『銀河鉄道の夜』

銀河鉄道の夜

2021年12月5日(日曜日)まで
今夜の星空案内+ショートバージョン(28分)

ビジュアル化困難と言われた宮沢賢治「銀河鉄道の夜」の幻想世界を徹底考察し、鮮明に再現。ドームいっぱい360°に広がる銀河のパノラマ風景。それはまさに、天空の汽車に乗車したかのような夢の体験となる。
さぁ、ほしめぐりの旅にでかけよう。

作品の公式ページ(外部サイト)

全天映画C『エッシャーユニバース~宇宙を描いたトリックスター~』

エッシャーユニバース

2021年12月5日(日曜日)まで
今夜の星空案内+本編(25分)

不思議絵で有名なエッシャー。全天映画で、その宇宙観を紹介します。

作品の公式ページ(外部サイト)

(予定)全天映画A・B『ブラックホールを見た日~人類100年の挑戦~』

ブラックホールを見た日~人類100年の挑戦~

2021年12月23日(木曜日)から1日2回投影
今夜の星空案内+本編(25分)

世界中の科学者たちが協力し、ブラックホールの撮影に挑みました。その名もイベントホライズンテレスコープ。ブラックホールの謎に迫り、たくさんの電波望遠鏡の力をまとめあげて貴重な画像を手にするまでを追体験していきます。
目撃したブラックホールは、どんな姿をしていたのでしょうか?人類100年の挑戦の旅にでかけましょう。

  • 監修:本間希樹(国立天文台)
  • ナレーター:梶 裕貴

作品の紹介ページ(外部サイト)

(団体予約のみ)『たいようくんと おつきちゃん』

たいようくんとおつきちゃん

夜の星空を知らないたいようくんは、おつきちゃんに会って星や流れ星を見ることができるかな?主に幼児の団体におすすめの楽しいお話です。

プラネタリウムのイベント

通常の投影と差し替えで、プラネタリウムで特別な投影をしています。

七夕特別投影「たなばた星まつり」

6月下旬~七夕の時期に開催

平日は保育園・幼稚園のみなさんに合わせて楽しく、土日はより幅広い年齢層の人にお楽しみいただける内容で、七夕にまつわる星のお話をご紹介します。
内容は、解説員による七夕の星空案内と姫路科学館オリジナルの物語『カッパの河太郎・たなばた物語』の投影です。

プラネタリウムCDコンサート

次回は1月10日(祝日)13時50分に開催

科学や星にはあまりなじみがないというお客様に、音楽を通してプラネタリウムの星を楽しんで頂いています。
再演なし・たった1度きりの投影のために、プラネタリウム担当者が一生懸命選曲し演出を考え、心をこめて星空コンサートを開催いたします。

詳しくはCDコンサートのページへ。

震災特別投影「星よりも、遠くへ」

2022年は3月11日 16時の回に投影予定

各地の震災で犠牲になった方々の鎮魂と防災意識の継承のため、仙台市天文台プラネタリウム制作の東日本大震災メモリアル番組を投影いたします。

作品の公式ページ(外部サイト))

団体予約専用の投影について

平日(夏・冬・春休み期間は除きます)の9時45分と12時45分からの投影は、団体のご希望に沿った投影ができます。
団体予約の詳細については、団体予約のページをご覧下さい。

  • 団体予約枠の投影内容は、最初に予約された団体の希望に添って決まります。
  • 「貸し切り」ではありません。団体以外の方も一緒にご覧になる場合があります。
  • 若干の時間変更(時間短縮)をお受けできますので、ご相談ください。
  • 投影中の入退場はできません。

星空を楽しむための情報

流星群や惑星の見かた、望遠鏡の使い方など、みなさんが自分の家から星空を楽しむための情報を用意しています。

天文情報室1「見よう編」 天文情報室2「資料編」 天体写真

天体写真ギャラリー
2017年3月までの星の子館で撮影した天体写真を掲載しています

観測キャンペーンのまとめ

姫路科学館プラネタリウムの特徴

2013年3月16日にリニューアルしたプラネタリウムでは、

  • 「星空体験」:1等星の輝きも、星雲・星団の淡い光も忠実に再現。限りなく本物に近い、美しい星空をお楽しみ頂けます。
  • 「宇宙体験」:最新の映像システムで、観測結果に基づいた宇宙の姿や、大型ドームスクリーン全体に映し出される大迫力の映像をお楽しみ頂けます。
  • 「コミュニケーション」:専門員の生解説で、その日のお客様に合わせた一期一会の投影を行います。

投影システム「GEMINISTAR IV-HIMEJI」

姫路科学館の投影機
  • 恒星球:INFINIUMα NEO
  • 全天映像:SUPER MEDIAGLOBE-II(4K)
  • ドーム直径:27m

星の子館天体観測室「あさひララ」

星の子館天体観測室「あさひララ」

姫路科学館のお向かいにある、天文台「あさひララ」のご紹介です。
昼間はプラネタリウム&夜は実際の星空を楽しむことができます。