姫路科学館>プラネタリウム>天文情報室1>星の子館の天文台

星の子館の天体望遠鏡の紹介

『星の子館』の90cm反射望遠鏡

姫路科学館の向かいにある星の子館には、1992年4月にオープンした【天体観測室「あさひララ」】があります。普段は望遠鏡の愛称として「あさひララ」や「ララちゃん」が使われています。
毎晩天体観望会を開催していて、お天気が良い日なら気軽に、実際の夜空で季節の天体を楽しむことができます。

2017年3月までは姫路市の直営でしたが、2017年4月より指定管理者が運営しています。(観望会のご案内)

望遠鏡製作会社

ミカゲ光器研究所(兵庫県西脇市)

主鏡(90cmニュートン・カセグレン式反射望遠鏡)

  • 有効口径:90cm
  • 焦点距離:4880mm(F5)
  • 鏡材:ゼロデュア(ドイツ・ショット社製、鏡材直径92cm、鏡周における鏡材の厚み13cm)
  • 焦点距離(ニュートン焦点): 4880mm(F5、有効視野角1.2度)
  • 焦点距離(カセグレン焦点):14320mm(F16、有効視野角0.3度)
  • 鏡面研磨者:ジンデン博士(イギリス)
  • 鏡面精度:ハルトマン常数0.24秒(1995年姫路市天文職員測定)、一次元ハルトマン常数0.17秒(同)
  • 主鏡支持方式:鏡底18点支持、鏡側6点支持

鏡筒形状

トラス式鏡筒

架台

  • ドイツ式赤道儀
  • 駆動方式:極軸・赤緯軸パルスモータ(1周720万パルス)
  • 駆動伝達方式:ウォームギア(極軸352枚・赤緯軸300枚)
  • 高速回転機能:対恒星時300倍相当
  • 天体導入形式:コンピューター制御
    • 1992年:コスモ(現エルデ光器)製「TCS」を導入
    • 2001年:光耀製「Dolfin for windows」に換装
    • 2014年:エルデ光器「APECS」に換装
  • 2002年11月~2003年2月にかけて協栄産業によりオーバーホールと補強を実施
  • 2014年1月~2月にかけて協栄産業によりオーバーホールを実施

望遠鏡総重量

約14トン

同架望遠鏡

  • ペンタックス15cm F12屈折望遠鏡
  • ペンタックス10cm F10屈折望遠鏡
  • ペンタックス10cm F4屈折望遠鏡
  • 高橋製作所10cm F10屈折望遠鏡
  • ビクセン20cmVisac反射望遠鏡
  • 高橋製作所11倍7cmファインダー

観測装置

  • 冷却CCDカメラ:SBIG STL-1001E-NABG(2006年更新)
            KAF-1001Eチップ(1024×1024ピクセル 24.6mm x 24.6 mm)
            RGBまたはBVRIフィルタ内蔵
  • 低分散分光器:SBIG DSS-7(2007年新規購入)
           5.4オングストローム/画素、有効波長範囲:400~900nm程度
           受光部:SBIG ST-8XMEi 冷却CCDカメラを使用
  • 超高感度ビデオ撮影装置:浜松フォトニクス社AVIS-DVS1000
                リアルタイム画像処理装置
  • 高感度ビデオ撮影装置:ImagingSauce社USBカメラ、WATEC100N、ビクセンカラーCCDカメラなど
  • スチール:デジタル一眼レフ、大判カメラ撮影装置、35mmカメラ撮影装置など

観測室

  • ドーム:内径7m、スリット幅2.1m、上下開閉式、望遠鏡駆動と連動制御
    • 2014年:防水コーキング、外壁遮熱塗装、内壁張替、スリット手動開閉機構追加
  • 観測室内環境:大型クーラー及び除湿機による空調設備
  • 床面基礎:コンクリート、床面ビニール・カーペット(2014年:床補強及びビニールカーペット張替)
  • ドーム製作会社:協栄産業(大阪市)

あさひララ望遠鏡の場所(2005年4月GPS計測 世界測地系)

  • 東経134度37分42.5秒
  • 北緯34度51分10.5秒

望遠鏡総工費

ドーム、制御用コンピューター、周辺装置を含む総額1億円相当を、アサヒビール株式会社様より寄贈して頂きました。
当市への寄贈品であることを鑑み、天文台の保守管理は引き続き姫路市が行っています。

望遠鏡側面図

望遠鏡設計図