姫路科学館>資料・調査・普及・研究>自然史資料>生物多様性写真展 ひめじのいきもの

企画展「生物多様性写真展 ひめじのいきもの」

姫路の生き物

姫路とその周辺には、どんな生き物がいるのだろう?みなさんから寄せられた写真を通じて、はりまの生き物の多様性を探ります。
播磨圏域8市8町(姫路市、相生市、加古川市、赤穂市、高砂市、加西市、宍粟市、たつの市、稲美町、播磨町、市川町、福崎町、神河町、太子町、上郡町、佐用町)で撮影された生き物たちの姿を展示しています。
みなさんの身近に、様々な生き物が暮らしていることに気づいていただけると嬉しいです。

第5回の投稿募集中

夏休みに出会った、生き物たちの姿と投稿してください!前期の締め切りは8月24日(火曜日)までです。
(秋から冬に再度募集します)

募集要項(PDF)

  • 野生生物を主題にした記録写真であること(人物、風景、ペットや家畜などの飼育されている動物、自宅や公園などで栽培されている植物などが主題の写真は対象外とします)
  • 撮影場所が播磨圏域連携中枢都市圏8市8町(右図:姫路市、相生市、赤穂市、加古川市、加西市、高砂市、たつの市、宍粟市、市川町、稲美町、上郡町、播磨町、福崎町、神河町、佐用町、太子町)であること
  • 標本と同様に、撮影日時、撮影場所、撮影者の記録があること
  • 撮影時期は問いません
  • 著作権は撮影者に帰属しますが、姫路科学館が展示パネル、展示解説用印刷物、広報資料などに自由に利用できることとします
受付フォームへ

開催記録

第4回

職員の写真パネル
  • 会期:2021年3月14日(日曜日)~4月5日(月曜日)
  • 展示点数:184点
  • 特集:科学館の職員が撮影した「ひめじのいきもの」の大判パネルを展示

第3回

写真展の準備の様子
  • 会期:2020年6月1日(月)~6月19日(日)(当初予定より変更)
  • 展示点数:186点
  • 特集:永田萌氏(姫路市立美術館館長)の作品から考える生物多様性と共生

第2回

  • 会期:2019年3月15日(金)~4月7日(日)
  • 展示点数:85点、「昆虫」「鳥」「植物」「哺乳類」「両生類・爬虫類・その他」「菌類」に分類
  • 特集:姫路城周辺の生き物
キジとイタチ アオサギ
コオイムシ アシハラガニ
チョウセンカマキリ キタテハ

第1回

  • 会期:2018年3月16日(金)~4月9日(月)
  • 展示点数:162点、「昆虫」「鳥」「植物」「哺乳類」「両生類・爬虫類・その他」「きのこ」に分類
ハリママイマイ ハナムグリ
ジャコウアゲハ ニホンアマガエル
ススキ メジロ