姫路科学館>天文台>天体写真

天体写真と観測報告「月齢7」

月齢7の月 月齢7の月は「上弦の月」、夕方に見える半月です。

上弦の月の時に見える不思議な模様「月面X」については別のページで。

月のアルプス谷 中央に見える大きな谷は「アルプス谷」と呼ばれている、長さ180kmの裂け目です。
 右側の大きなクレーターは、上がアリストテレス(直径87km)、下がエウドクソス(直径67km)です。

  • 2012年7月26日
  • 90cm反射望遠鏡(焦点距離14000mm)+ソニーNEX-5

月のアペニン山脈 月面のほぼ中央部に見える「アペニン山脈」です。「月のうさぎ」の体の部分にあたる「雨の海」のへりの一部です。長さは約600km、一番高い部分は5000mを超えます。
 山脈の中央に見えるクレーターはコノン(直径22km)です。

  • 2012年7月26日
  • 90cm反射望遠鏡(焦点距離14000mm)+ソニーNEX-5

月の南極付近 写真の下側(南極)に近いところはクレーターがたくさんあって、重なり合っているものもあります。
 中央左側の大きくえぐれているところがマギヌス(直径163km)、一番下(南極)近くに黒く丸く見えているのがモレトス(直径114km)です。

  • 2012年7月26日
  • 90cm反射望遠鏡(焦点距離14000mm)+ソニーNEX-5