姫路科学館>常設展示>4階>太陽望遠鏡

姫路科学館・太陽望遠鏡

太陽望遠鏡の光学系

姫路科学館の常設展示4階には、太陽望遠鏡が設置されていて、晴れていれば本物の太陽の姿を見ることができます。

太陽望遠鏡のしくみ

シーロスタット

姫路科学館の太陽望遠鏡は、「実際に動いている望遠鏡や分光器」を見ていただけるように、光学定盤の上に素子を並べて、光学系を作っています。
屋外に設置したシーロスタットで、直径30cmの太陽光を屋内に満ちびいています。

白色像

白色像用の光学系

20cm反射鏡(焦点距離1600mm)+投影レンズ

分光器

分光器の光学系

反射グレーチングを使用(参照用にナトリウムランプと水銀ランプの光を導入)

展示室内では

直径1.4mの太陽像太陽のスペクトル小型望遠鏡

展示室の中では、色々な太陽の姿を見ることができます。

  • 白色太陽像:直径1.4m(本物の太陽の10億分の1)
  • Hα像:コロナドPSTで直視
  • 太陽スケッチ:6cm屈折望遠鏡を使って、直径15cmの太陽像を投影
  • 太陽のスペクトル:長さ約1m

光のテーブル

太陽光を使って実験ができる光のテーブル

室内に導かれた太陽光の一部を使って、光学素子の実験ができます。晴れている日は、プリズムを使って虹を作ることもできます。
(雨天曇天時は、光源装置の光で実験ができます)

画像記録

シーロスタットに同架した望遠鏡で、太陽像を記録しています。
記録された画像は、展示室内のモニターで見ることができます

  • 白色像:10cm屈折望遠鏡+USBカメラ
  • Hα像:10cm屈折望遠鏡+Hαフィルタ(ラント)+デジタル1眼レフカメラ