ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立山陽中学校

SANYO JUNIOR HIGH SCHOOL

〒670-0966 姫路市延末103番地1 地図

電話番号:079-297-1610

部活動に係る活動方針

  • 公開日:2022年4月6日
  • 更新日:2022年4月6日
  • ID:10056

部活動の意義

生徒の自主的、自発的な参加により行われる部活動については、自らの興味や関心等を深く追求し、それぞれの個性や能力を主体的な取組によって伸長させるものである。また、学年や学級の枠を超えて、仲間と切磋琢磨しながら、励ましたり協力したりする中で、社会性を育み人間形成に資するものである。

部活動の目的

これからの社会を主体的にたくましく生きる力の育成を目指す、学校教育目標の達成に向け、日常の練習においては、大会やコンクール等の結果のみを目標にするのではなく、一人ひとりの将来像に目を向けて取り組む。また、部活動懇談会等を活用し、学校・保護者・地域が三位一体となって、主体的に取り組む生徒の育成に努める。

部活動のあり方

姫路市立中・義務教育学校部活動ガイドライン(平成31年1月策定)に則り、一人ひとりの生徒の将来を見据えた適切な指導を計画的に行うとともに、安全で安心な指導の徹底と活動環境を整える。また、生徒が数多くの意見や参考となる事柄と出会う機会を確保するためにも、無理なく活動できる環境整備に努めるとともに、適切な休養日を設ける。

指導と体制

部活動に係る活動方針

本ガイドラインに則り、校長は学校の教育活動との関連を考慮し、毎年「学校の部活動に係る活動方針」を策定し、学校ホームページ等の掲載により公表するとともに、その運用を徹底する。

入部、転・退部

入部希望者は、保護者の承認を得て部活動顧問へ申し出る。入部届については「部活動入部届」を提出すること。入部後は3年間続けることが望ましいが、やむを得ない事情がある者に限り、転・退部を認める。転・退部は、保護者同意のもと、部顧問に申し出るとともに「退部届」を提出する。部顧問は学年教師等と連携し対処する。

欠席及び休部

練習を休む者は、部顧問へ直接申し出る。事情があり長期にわたって休部する者は、転・退部と同様の手続きをすること。

部室及び施設等の鍵の管理

部室の鍵は職員室の所定の位置のBOXに保管することとし、活動するときのみ報告し、職員の許可を得てこれを持ち出す。日曜日、祝祝日、春・夏・冬の休業日における体育館、武道場、プールの鍵の開閉は必ず部顧問の責任で行う。活動が終了すれば速やかに更衣をし、顧問または各部主将、部長が責任を持って施錠し、顧問または各部活動で定められた生徒が鍵を職員室の所定の位置のBOXに返却する。必ず、各部顧問が活動場所を最終確認すること。活動場所を同じくする他の部顧問との連携を密に図ること。

顧問の役割

顧問は、原則平常の活動場所に付き添い、指導、監督する。休日、祝祝日、長期休業日に練習する際も同様とする。特に朝練習においては顧問不在時、部員だけの活動は認めない。顧問は、生徒の健康管理及び、負傷時の対応、活動場所の施錠確認、部室及び鍵の管理に責任を持つ。(決して生徒任せにしない)

顧問は原則として、部員の完全下校を見届けること。

活動計画・実績報告

部活動顧問は「学校の部活動に係る活動方針」に則り、指導方針や年間の活動計画(活動日、休養日及び大会参加日時等)並びに毎月の活動計画及び活動実績(活動日時・場所、休養日及び大会参加日時等)を作成し、校長に提出する。また、毎月の計画や大会・コンクール等の開催予定などを事前に生徒・保護者に伝える。

活動時間および日数について

成長期にある生徒がバランスのとれた生活を送るとともに、部活動以外の多様な活動に触れる時間の確保を図るため、姫路市全体で決定した基準日(平日月曜日、休日第2・第4日曜日、第1・第3は土曜日、日曜日のいずれか)休養日を設ける。また、1日の活動時間は、平日2時間程度、休日3時間程度とする。(但し、準備・後片付け・ミーティング等は除く)さらに生徒が家庭や地域で過ごす機会を確保できるよう、長期休業日にはまとまった休養期間(オフシーズン)を設ける。実施については、平成31年2学期より完全実施とする。

校外での活動について

校外で活動する場合は、実施日や場所、引率方法など必ず事前に校長の承認を得る。原則として、本校から会場まで、顧問教師が引率すること。その時、生徒は必ず安全タスキを着用させる。自転車の場合は必ずヘルメット着用に加え、安全タスキを着用させること。

本年度の部活動

本年度設置の部活動

  • 運動部
    陸上競技部、水泳競技部、男子ソフトテニス部、女子ソフトテニス部、男子卓球部、女子卓球部、男子バレーボール部、女子バレーボール部、男子バスケットボール部、女子バスケットボール部、軟式野球部、サッカー部、柔道部、剣道部
  • 文化部
    吹奏楽部、茶道部、家庭科部、放送部、美術部

完全下校時刻

  • 3月中旬から9月:午後6時30分
  • 10月:午後6時
  • 11月:午後5時30分
  • 12月:午後5時
  • 1月:午後5時30分
  • 2月から3月中旬:午後6時

朝練習

始業前30分程度行うことができる。(1日の活動時間に含む)

テスト期間中の部活動

原則として定期考査一週間前は活動停止期間とする。中体連及び協会主催の公式大会、記録会、コンクール等の参加についてのみ、必ず保護者の了承を得るとともに部活動許可願を提出し、学校長の承諾を得た上で、顧問指導のもと、1時間程度の活動ができる。

休業日における警報発令について

  • 午前7時現在、姫路市に「大雨」「洪水」「暴風雨」「暴風」「大雪」「津波」のいずれかの警報が発令されている場合、午前の活動は中止とする。
  • 午前10時現在、警報が解除になった場合、正午(12時)より活動可能とする。
  • 午前10時現在、警報が解除されなければ、部活動は中止する。
  • 部活動中に警報が発令された場合は、その事象や状況に応じて適切に対応する。

部活動の服装

  1. 部の特性を踏まえ、顧問が認めた服装で活動する。但し、安全タスキも着用する。
  2. 通常授業時の登下校については制服登下校を原則とし、休業日については1に準ずる


引き続き、家庭検温、手洗い・うがい・手指消毒を励行、及び必要に応じてのマスク着用。

部活動施設使用規定

使用上の注意事項

  1. 時間厳守。(交代時間を守り、前後の部に迷惑をかけないこと)
  2. 体育館使用のシューズと下靴との区別を明確にすること。
  3. 荷物、下靴、シューズ等は整理整頓して置くこと。
  4. 使用前後にモップ(雑巾)をかけること。
  5. 体育館、トイレ、倉庫等各部で清掃し、美化に努めること。
  6. 運動時の水分補給以外は、体育館内での飲食は原則として禁止する。
  7. 用具の管理、保管に留意すること。
  8. 所定の場所以外を私物化しないこと(下足箱、舞台袖等)
  9. 他部の用具、体育科備品、消耗品、施設を無断で使用しないこと。

お問い合わせ

姫路市立山陽中学校

住所: 〒670-0966 姫路市延末103番地1

住所の地図

電話番号: 079-297-1610 ファクス番号: 079-295-9652

電話番号のかけ間違いにご注意ください!