ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    インフォメーション(営業案内・入館料等)

    • 公開日:2019年5月30日
    • 更新日:2019年5月30日
    • ID:6875

    (実習生の受け入れについては下記にあります)

    コンセプト

    館内イメージ

    姫路市立水族館では、播磨地方の身近な生き物を展示、紹介しています。
    これらの生き物は、ある意味きれいなものでも、珍しいものでもないかもしれません。しかし、実際は彼らをよく観察すると、その中には、私たちが知らない不思議や発見がたくさん隠れているのです。そんな「あっ」とおどろく発見を姫路市立水族館はみなさんにお届けします。

    営業案内

    開館時間

    午前9時00分から午後5時00分まで(入館は午後4時30分まで)

    休館日

    火曜日(祝日の場合は翌日)・12月29日から翌年1月1日まで

    入館料

    大人520円、小・中学生210円

    団体割引

    30人以上100人未満の団体 460円(180円)/人

    100人以上300人未満の団体 410円(160円)/人

    300人以上の団体 360円(140円)/人

    カッコ内は、小・中学生の団体の場合です。

    その他割引

    療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方、及び介護者については、手帳・ミライロIDをご提示いただくことにより、無料でご入館いただけます。

    姫路市在住の65歳以上の方につきましては、姫路市高齢者福祉優待カード等をご提示いただくことにより、無料でご入館いただけます。

    備考

    ※水族館内に売店、レストランはありません。

    展示のこだわり

    オオサンショウウオ模型

    姫路市立水族館には、近年の水族館にあるような大型水槽はありません。しかし、そこには小型の水槽でしか表現できない工夫がいっぱいかくれています。多くの利用客はオオサンショウウオの実物大の模型を持ち上げるととても「びっくり」します。秘密の引き出しでは、カエルの鳴き声がたくさん入っていて、家族みんなで当て合いっこして、笑いが絶えません。中には、潮くさいにおいやカメのいやなにおいもします。生きている魚が触れない子どもも、実物からかたどった魚の模型を触って形やウロコの不思議を学ぶことができます。姫路市立水族館は、ただ、見るのではなく五感を使って体験できる水族館なのです。

    みなさんと共に歩む水族館へ

    カメに給餌

    姫路市立水族館はリニューアルオープンから、市民の方々の力とお知恵を借りてパワーアップしました。以前からの水族館の運営に寄付していただく水族館サポーター以外にも、ボランティアスタッフの多大なお力でより細やかな展示運営をする事ができるようになりました。これからも、姫路市立水族館はみなさまの力を借りながらパワーアップしていきますので、応援よろしくお願いします。



    水族館展示施設利用について

    写真展の様子

    例)写真展

    作品展の様子

    例)作品展

    利用可能な用途

    水族館の展示、運営内容に沿い、かつ生きものや環境を題材にした作品の展示、掲示等で、水族館入館者が閲覧等可能なもの。
    ただし、次のいずれかに該当する場合は、ご利用できません。

    1. 営業もしくは販売等を伴う行為
    2. 政治または宗教活動に係る行為
    3. 大きな音や光、臭気等の伴う行為
    4. 入館者に危険がおよぶ場合または恐怖心を抱かせる可能性のある場合
    5. 管理運営上利用されることが不適当と水族館長が認めた場合

    水族館が行う企画展示により利用できない期間があります。詳細については、問い合わせてください。