ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    インフォメーション(実習受け入れのご案内もこちらです)

    • 公開日:2019年5月30日
    • 更新日:2019年12月10日
    • ID:6875

    (実習生の受け入れについては下記にあります)

    コンセプト

    館内イメージ

    姫路市立水族館では、播磨地方の身近な生き物を展示、紹介しています。
    これらの生き物は、ある意味きれいなものでも、珍しいものでもないかもしれません。しかし、実際は彼らをよく観察すると、その中には、私たちが知らない不思議や発見がたくさん隠れているのです。そんな「あっ」とおどろく発見を姫路市立水族館はみなさんにお届けします。

    営業案内

    開館時間

    午前9時00分から午後5時00分まで(入館は午後4時30分まで)

    休館日

    火曜日(祝日の場合は翌日)・12月29日から翌年1月1日まで

    入館料

    大人520円、小・中学生210円
    ※令和元年10月1日から消費税増税にともない、個人の料金を上記のとおり改定しました。

    団体割引

    30人以上100人未満の団体 460円(180円)/人

    100人以上300人未満の団体 410円(160円)/人

    300人以上の団体 360円(140円)/人

    カッコ内は、小・中学生の団体の場合です。

    その他割引

    療育手帳、精神障害者保健福祉手帳または身体障害者手帳をお持ちの方、及び介護者については、手帳を提示いただくことにより、無料でご入館いただけます。

    姫路市在住の65歳以上の方につきましては、姫路市高齢者福祉優待カード等を提示いただくことにより、無料でご入館いただけます。

    備考

    ※水族館内に売店、レストランはありません。

    展示のこだわり

    オオサンショウウオ模型

    姫路市立水族館には、近年の水族館にあるような大型水槽はありません。しかし、そこには小型の水槽でしか表現できない工夫がいっぱいかくれています。多くの利用客はオオサンショウウオの実物大の模型を持ち上げるととても「びっくり」します。秘密の引き出しでは、カエルの鳴き声がたくさん入っていて、家族みんなで当て合いっこして、笑いが絶えません。中には、潮くさいにおいやカメのいやなにおいもします。生きている魚が触れない子どもも、実物からかたどった魚の模型を触って形やウロコの不思議を学ぶことができます。姫路市立水族館は、ただ、見るのではなく五感を使って体験できる水族館なのです。

    みなさんと共に歩む水族館へ

    ヌートリアにエサを与えるボランティアさん

    姫路市立水族館はリニューアルオープンから、市民の方々の力とお知恵を借りてパワーアップしました。以前からの水族館の運営に寄付していただく水族館サポーター以外にも、ボランティアスタッフの多大なお力でより細やかな展示運営をする事ができるようになりました。これからも、姫路市立水族館はみなさまの力を借りながらパワーアップしていきますので、応援よろしくお願いします。

    姫路市立水族館飼育実習(学芸員実習等)の受け入れのご案内について

    社会教育施設である姫路市立水族館では、学芸員をはじめとする博物館に関する人材を育成するため、学芸員制度に基づく「博物館実習生」および水族館業務の「就労体験実習生」の受け入れを行っていますので、下記の要領でお申し込みください。

    1.名称

    姫路市立水族館学芸員実習または就労体験実習

    2.対象

    下記の実習要領を承諾した者

    博物館実習

    大学等が指定する博物館習得単位における校外実習を目的とするもの。ただし、生物を中心とした自然史系、理学系、医学系大学での講義、博物学を修了あるいは、その過程の学生。

    就労体験実習

    水産や水生生物、獣医学等を履修した専門学校以上の学生。

    3.受付

    4月1日から随時(定員に達し次第締め切ります)

    ※令和元年度分につきましては、定員を満たしましたので締め切りました。

    4.内容

    当館で実施している飼育業務、事務業務の実習、野外実習、レクチャー等

    5.定員

    年度あたり10名とし、学芸員実習は1学科1名までの合計6名、就労体験実習(専門学校等)は1校1名までの合計4名とします。ただし9月末の時点で定員に達していない場合、残りの受け入れについてはこの限りではありません。

    6.実習要領

    • 学校または担当教官の承諾または推薦があること。(個人での申し込みは受け付けできません)
    • 無給、かつ交通費等にかかる費用についても支給しません。
    • 学芸員実習の実習期間は博物館実習ガイドライン(文部科学省)が目安としている時間内とし、就労体験実習の実習期間は通算5日以内(休日を除く)で申し込んでください。但し、実習生、当館の都合により実施日の変更をお願いする場合があります。
    • 実習時間は9時00分から17時00分としますが、場合によっては受け入れ可能な時期の中で調整します。
    • 実習中の事故に関しては、原則水族館では責任を負いません。学校、保護者または本人の責任で対応してください。
    • 実習生に問題のある態度や不適切な言動が認められた場合は、期間内でも実習を中止する場合があります。
    • 実習は野外に同行する場合があります。その可否について誓約書中に記載してください。
    • 実習に際しては長靴、作業着等は各自で持参してください。
    • 実習に関する写真記録が必要な場合は、カメラは各自用意してください。
    • 実習終了後、実習報告書を館長宛てに提出してください。

    受け入れ決定までの手順

    社会教育施設である姫路市立水族館では、学芸員をはじめとする博物館に関する人材を育成するため、学芸員制度に基づく「博物館実習生」および水族館業務の「就労体験実習生」の受け入れを行っていますので、下記の要領でお申し込みください。

    1. 実習希望の2か月前までに、実習受け入れの可否について実習担当まで問い合わせてください。
      連絡先:実習担当:増田 修
      電話:079-297-0321(代表)
      ファクス:079-297-3970
    2. 受け入れの可否を通知受け入れ状況を確認後、受け入れの可否を電話にて連絡します。
      日程の都合上、希望期間に受け入れできない場合がありますのでご了承ください。
    3. 実習依頼書および誓約書の提出
      受け入れ可となった場合、所属する機関の長、学部長、もしくは課程責任者、教務担当からの実習依頼書(本人および学校代表者等の押印が必要)、誓約書を実習希望期間の1か月前までに提出してください。
      ※実習依頼書は所定の様式はありません。
    4. 実習受け入れの承諾
      学生の所属する学校の代表者、課程責任者、担当者等へ実習承諾書にて回答します。

    水族館展示施設利用について

    写真展の様子

    例)写真展

    作品展の様子

    例)作品展

    利用可能な用途

    水族館の展示、運営内容に沿い、かつ生きものや環境を題材にした作品の展示、掲示等で、水族館入館者が閲覧等可能なもの。
    ただし、次のいずれかに該当する場合は、ご利用できません。

    1. 営業もしくは販売等を伴う行為
    2. 政治または宗教活動に係る行為
    3. 大きな音や光、臭気等の伴う行為
    4. 入館者に危険がおよぶ場合または恐怖心を抱かせる可能性のある場合
    5. 管理運営上利用されることが不適当と水族館長が認めた場合

    水族館が行う企画展示により利用できない期間があります。詳細については、問い合わせてください。

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局生涯学習部姫路市立水族館

    住所: 〒670-0971 姫路市西延末440番地 手柄山中央公園内

    住所の地図

    電話番号: 079-297-0321 ファクス番号: 079-297-3970

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム