ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市提案型協働事業

    • 公開日:2016年6月15日
    • 更新日:2022年5月30日
    • ID:6037

    姫路市で地域や社会の課題解決などに取り組んでいる市民活動団体の皆さんのノウハウ等を活かした活動を、姫路市との協働で実施することにより、よりよい市民サービスの提供と市民参画と協働のまちづくりを進めます。

    お知らせ(新規掲載情報など)

    • 令和4年度提案発表会について

    事業の流れ

    1. 市民活動団体の皆さんから、姫路市とその団体が協働して行う事業の提案を募ります。
    2. 事業の公益性、実効性や先駆性などの審査を行い、補助対象事業と補助金額を決定します。
    3. 補助金額の決定後、協働で事業を実施し、事業終了後に実績報告書を市へ提出していただきます。
    4. 実績報告に基づき、補助金を交付します。

    令和4年度提案発表会について

    企画提案は、令和4年4月15日から5月13日まで受付を行いました。一次審査(資格要件審査)を通過した計15件のうち、「新規団体活動支援事業」以外の募集区分で応募した14件の提案については、以下のとおり公開の提案発表会を開催します。(「新規団体活動支援事業」は、二次審査も書類審査で行います。)

    日時

    令和4年6月19日(日曜日) 午前10時00分から

    (新型コロナウイルス感染症の影響により、予定を変更する場合があります。)

    会場

    姫路市市民会館(姫路市総社本町112) 4階 第6会議室

    市民会館には駐車スペースはございません。車でご来館の際は、公営駐車場など有料駐車場をご利用ください。できる限り、公共交通機関等をご利用ください。

    提案団体

    事業を提案した14団体が提案発表を行います。

    提案団体及び発表会スケジュール

    評価員

    評価員一覧
    氏名所属団体等

    藤本 真里

    兵庫県立大学 自然・環境科学研究所 教授
    石塚 裕子大阪大学大学院 人間科学研究科 未来共創センター 講師
    中元 孝迪播磨学研究所 名誉所長
    岩谷 洋史姫路獨協大学 人間社会学群・産業経営学類 講師
    小田切 康彦徳島大学大学院 社会産業理工学研究部 准教授

    傍聴について

    この提案発表会では、「姫路市附属機関等の会議の公開に関する指針」に基づき、団体からの提案発表に関する部分については、公開とされていますので、傍聴することが可能です。
    この提案発表会の傍聴はおおむね次のとおりです。

    • 傍聴を希望する方は、受付で受付票に氏名等を記入し、入場してください。
    • 報道関係の方は、受付で受付票に所属、所在地、氏名等を記入し、入場してください。
    • 会場内での写真撮影や録音等は、お控えください。
    • 傍聴及び入退場は自由ですが、公正で円滑な会議の進行のため、お静かにお願いします。
    • 会議の運営に支障がある場合は、非公開となる場合があります。
    • 新型コロナウイルス感染症対策のため、マスクの着用をお願いします。また、入室人数を制限させていただく場合があります。

    令和4年度提案募集について(受付は終了しました。)

    募集部門

    • 「テーマ設定事業」「自由テーマ事業」「地域資源活用事業」「新規団体活動支援事業」のいずれか1部門を選んでください。
    • 以前に姫路市提案型協働事業の助成を受けた団体は、同内容で提案することはできません。
    • 国、県、市及びそれらの外郭団体の他の補助制度に申込みした場合は、対象外となります。
    • いずれの事業についても、提案団体が単独で提案するのではなく、市との協働が必要です。担当課が不明な場合は、市民活動推進課まで問い合わせてください。
    募集部門別概要
    募集部門 1 テーマ設定事業2 自由テーマ事業3 地域資源活用事業

    4 新規団体活動支援事業

    内容 姫路市が設定したテーマに基づく事業をご提案ください。今年度のテーマは、下記の「姫路市設定テーマ」をご参照ください。「テーマ設定事業」以外の姫路市政全般について、自由にテーマを設定し、ご提案ください。本市における地域の歴史、文化、自然等の資源(地域資源)の価値を改めて見直し、地域資源を活用して当該地域の魅力を高めること又は地域資源を未来に継承することを目的とした事業をご提案ください。これから活動を開始する団体、また活動初動期(平成31年4月2日以降設立)の団体で、これまでに姫路市提案型協働事業の助成を受けたことのない団体を支援します。姫路市政全般について、自由にテーマを設定し、ご提案ください。
     補助上限額50万円50万円50万円20万円
     件数募集部門1から3まで合わせて12件程度募集部門1から3まで合わせて12件程度募集部門1から3まで合わせて12件程度5件程度
     審査方法

    1次審査:資格要件審査(書類審査)

    2次審査:提案内容審査(提案発表会におけるプレゼンテーション審査)

    1次審査:資格要件審査(書類審査)

    2次審査:提案内容審査(提案発表会におけるプレゼンテーション審査) 

    1次審査:資格要件審査(書類審査)

    2次審査:提案内容審査(提案発表会におけるプレゼンテーション審査)

    1次審査:資格要件審査(書類審査)

    2次審査:提案内容審査(書類審査)

    「新規団体活動支援事業」に要する経費は5万円以上、それ以外の事業に要する経費は10万円以上であることとします。

    姫路市設定テーマ

    「テーマ設定事業」を選択された場合は、下記のテーマに基づく事業をご提案ください。

    設定テーマ
    協働課テーマ内容
    地方創生室SDGsの推進に関する事業 

    市民、団体等が連携して、SDGsを推進できる事業、またはSDGsに取り組む意識を醸成していく事業

    世界が直面する社会・環境問題の解決に向けて、多彩なイベントや展示会、講演会などを実施し、SDGsが掲げている17の目標の推進が期待できる取組、または、SDGsは身近なもので、一人ひとりが無理なく取り組めるものであることを周知できる取組などを募集する。

    〔例〕

    SDGsについてゲームをしながら学べるイベント

    SDGsの取組事例をパネル等で掲示し、普及啓発を図る展示会など

    文化国際課文化芸術を活かした社会参加・仲間づくり事業社会的孤立が課題となっている人々に、文化芸術活動を通じて社会参加のきっかけを提供する事業

    いまだ終息を見せないコロナ禍の下、外出・イベントの自粛等による交流機会の減少が問題視されている。心と体の健康を保つには、運動・食事と共に社会参加が必要であり、文化芸術は年齢や障害の有無、経済状況や居住地域にかかわらず、等しく社会参加の機会を与えてくれる。

    そこで、子供、高齢者、障害者、外国人、不登校等、社会的孤立に陥りやすい人々を対象に、文化芸術活動を通して人とのつながりを作り、生きる力につなげられる事業を募集する。

    〔例〕

    障害児(者)を交えたダンスや即興演奏などのワークショップ

    他者・異文化を知り、価値観を広げる経験を育むため、多文化・多言語の人々で一つの舞台作品を制作

    総合福祉会館「孤独・孤立」対策の推進に関する事業「孤独・孤立」対策として、当事者が「声を上げやすい」、「つながりが実感できる」地域や環境づくりの発信事業  

    少子高齢化や核家族化などの社会環境の変化、さらに新型コロナ感染拡大も加わり、「生きづらさ」や「孤独・孤立」に伴うさまざまな社会問題が顕在化・深刻化していると言われている。令和3年12月には国が対策の重点計画を策定するなど、社会的な関心も高まり、各地で取り組みも進められるようになっている。

    本市でも、今後、行政と地域が連携して「孤独・孤立」の問題に取り組む必要があるが、その一環として、国の対策基本方針の柱である「当事者が支援の声を上げやすい環境」や「人と人の「つながり」が実感できる地域」の環境づくりについて、支援に関わる団体、個人の実践事例などを踏まえ、今後取り得る手法等について関係者に発信、共有したい。

    〔例〕

    ひきこもり状態にある本人が、再び社会とつながるきっかけづくりに関して、手法や考え方をまとめ、発信する。

    応募資格

    1. 不特定多数の利益の増進を目的とする公益的活動を行う非営利の団体
    2. 1の団体の共同体

    ただし、下記の要件を満たしていない団体は対象外とします。

    • 3人以上の構成員で組織している団体であること。
    • 組織の運営に関する定款、規約又は会則を定めていること。
    • 宗教活動や政治活動を目的とした団体でないこと。
    • 姫路市暴力団排除条例第2条に規定する暴力団又は暴力団員と密接な関係を有する団体でないこと。

    書類提出期間

    令和4年4月15日(金曜日)から令和4年5月13日(金曜日)まで(土曜・日曜・祝日は除く)
    受付時間:午前8時35分から午後5時20分まで

    申請に関する相談も随時受け付けています。

    提案発表会(プレゼンテーション審査)について

    令和4年6月19日(日曜日)に姫路市市民会館(姫路市総社本町112番地)で開催します。

    • 新型コロナウィルス感染症の影響により、変更する場合があります。
    • 「新規団体活動支援事業」については、二次審査も書類審査となるため、提案発表会はありません。

    書類提出・問い合わせ先

    • 市民活動推進課
      〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地
      電話 079-221-2737
      ファクス 079-221-2758

    なお、相談は下記の姫路市・市民活動ボランティアサポートセンターでも受け付けしています。

    • 姫路市市民活動・ボランティアサポートセンター「ひめじおん」
      〒670-0015 姫路市総社本町112番地
      電話 079-281-2660
      ファクス 079-281-2662
      毎週月曜日と4月15日は休館です。

    関連資料

    事例集

    姫路市でこれまで取り組まれた提案型協働事業の事例集を作成しました。

    過去の実施状況

    令和3年度実施状況

    詳しくは令和3年度実施状況のページをご覧ください。
    令和3年度は17件の申込があり、14件の事業を実施しました。

    令和2年度実施状況

    詳しくは令和2年度実施状況のページをご覧ください。
    令和2年度は18件の申込があり、14件の事業を実施しました。

    令和元年度実施状況

    詳しくは令和元年度実施状況のページをご覧ください。
    令和元年度は21件の申込があり、14件の事業を実施しました。

    平成30年度実施状況

    詳しくは平成30年度実施状況のページをご覧ください。
    平成30年度は14件の申込があり、12件の事業を実施しました。

    お問い合わせ

    姫路市役所市民局市民参画部市民活動推進課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎4階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2737、2099 ファクス番号: 079-221-2758

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム