ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

世界遺産 姫路城

400年の時を越え、日本の宝から世界の宝へ
国宝姫路城は平成5年12月、奈良の法隆寺とともに、日本で初の世界文化遺産となりました。
シラサギが羽を広げたような優美な姿から「白鷺城」の愛称で親しまれる姫路城。白漆喰総塗籠造りの鮮やかな白の城壁や5層7階の大天守と東、西、乾の小天守が渡櫓で連結された連立式天守が特徴です。
今、私たちが目にしている姫路城の大天守は、慶長14年(1609年)に建築されたもの。
400年以上が経過した現在でも、その美しい姿を残しています。

お知らせ

姫路城上空のドローンの飛行について

姫路城上空において無人航空機(ドローン)を飛行させてはいけません。
2019年1月1日以降、禁止エリア内で飛行させた者には10万円以下の罰金が課せられます。

以下の「姫路城 空撮動画」のエリアにマウスカーソルを乗せると写真が動きますのでご注意下さい。
動画をご覧になりたい方は、以下の写真エリアか、又はこちらの「姫路城 空撮動画」をクリックして下さい。

私たちはバナー広告を通して地域社会に貢献しています

(広告をクリックすると別ウィンドウを開いて外部サイトへリンクします)