ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    特定工作物解体等工事実施届(環境の保全と創造に関する条例)

    • 公開日:2016年3月31日
    • 更新日:2023年4月14日
    • ID:2323

    特定工作物解体等工事実施届(環境の保全と創造に関する条例)の様式を掲載しています。

    特定工作物解体等工事実施届(環境の保全と創造に関する条例)

    特定工作物解体等工事(解体する部分の床面積の合計が1000平方メートル以上(ただし、成形板などの非飛散性石綿を含有する建築材料を使用する建築物の場合は80平方メートル以上)の建築物の解体工事または特定石綿含有材料を使用する部分の解体若しくは改修を含む建築物その他の工作物の解体若しくは改修の工事)を実施する場合に届出の提出が必要です。

    届出用紙

    届出用紙は下記のPDFファイルかエクセルファイルをダウンロードし、A4縦サイズで印刷してください。

    届出書記入上の注意事項

    1. 届出書の提出部数は2部(正・副各一部)です。
    2. 届出の提出期限は作業開始の日の7日前までです。

    必要な添付書類

    1. 付近見取り図
    2. 建築物その他の工作物の配置図
    3. 工事工程表
    4. 事前調査結果等の標識の写し
      標識の様式は下記のエクセルファイルをダウンロードしてください。
    5. 作業計画書(特定石綿含有材料を使用する建築物・工作物の解体・改修の場合及び石綿含有仕上塗材・下地調整材を使用する建築物の解体の場合)
    6. 分析結果の写し(石綿の有無の事前調査で分析を実施した場合)
    7. 委任状(代表者以外の人が届出者になる場合)

    受付窓口

    環境政策室
    午前8時35分から午後5時20分まで(土曜日、日曜日、祝日および年末年始を除く)

    その他

    事前調査の結果は、石綿含有建材がない場合でも掲示する必要がありますので、ご注意ください。

    届出書の作成や提出等を円滑に行えるよう提出前の相談に対応していますので、ご不明な点がありましたら、環境政策室まで問い合わせてください。