ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    英賀保駅周辺土地区画整理事業

    • 公開日:2014年7月25日
    • 更新日:2020年8月3日
    • ID:320

    英賀保駅周辺土地区画整理事業の概要についてご説明します。

    英賀保駅周辺地区航空写真

    整備の目標

    本地区は、姫路市の中心部であるJR姫路駅の南西約3.8キロメートルに位置し、JR英賀保駅の北側に面する東西2.5キロメートル、南北1.5キロメートルの区域です。
    JR英賀保駅は、神戸(三宮)まで新快速で50分と通勤可能なことから駅周辺は宅地需要が高いものの、北側は都市基盤が未整備なことから農地のミニ開発が見られ、このまま放置すると無秩序な“まち”となる恐れがあります。
    また、地区周辺に存する県立姫路循環器病センターや県立姫路商業高校,荒川小学校等の公共施設へのアクセスとしての南北の重要路線である県道田寺今在家線は、幅員が狭小であるうえ、地区を南北に分断するJR山陽本線と交差する棚田踏切は市内でも有数の危険・渋滞個所であるためJR英賀保駅へのアクセスが良好でなく駅の機能を十分に活用できていません。
    また、JR山陽本線が排水機能を阻害し、地区内の一部は年に数度は床下浸水の被害に遭うという状況にあります。
    よって、本事業により県道田寺今在家線の棚田踏切を立体交差とし、JR英賀保駅北側に交通広場、四ツ池線を築造し駅へのアクセスを高めるとともに、水路を整理強化することにより排水性の向上を図り、近隣公園、街区公園を設け良好な市街地の形成と快適な住環境の創出を図り、人にやさしく災害に強い街づくりを目的としています。

    事業概要

    施行者

    姫路市英賀保駅周辺土地区画整理組合

    施行区域

    • 姫路市町坪字五反田の全部
    • 姫路市町坪字北ノ町、字釋迦屋敷、字山田、字棚田、字丁田、字土居ノ内、字豆田、字植出し、字川ノ上の各一部
    • 姫路市井ノ口字寺ノ前の一部
    • 姫路市玉手字針ノ木、字前地、字大浄宮の各一部
    • 姫路市苫編字池ノ下、字中筋、字村前、字薮ノ下、字鎗戸の各一部
    • 姫路市飾磨区高町字古屋敷の一部
    • 姫路市飾磨区山崎字山ノ前、字岡寺の全部
    • 姫路市飾磨区山崎字西梅田、字大縄場、字堤ノ中、字西畑、字村西、字北溝、字村東、字苗代町、字流田、字春日、字小山、字馬坂、字東山の各一部
    • 姫路市飾磨区付城字大野の一部
    • 姫路市飾磨区富士見ヶ丘町の一部

    面積

    69.5ヘクタール

    減歩率

    31.85%(公共23.49%)

    施行期間

    平成11年から平成39年まで

    総事業費

    23,600,000,000円

    英賀保駅周辺地区設計図

    整備される主な公共施設

    都市計画道路

    荒川線(幅員20から35.7メートル,延長 601メートル)
    四ツ池線(幅員16メートル,延長 1,729メートル)
    手柄山線(幅員15メートル,総延長 916メートル)
    英賀北線(幅員19メートル,総延長 52メートル)
    交通広場(1,880平方メートル)を含む

    区画道路

    133路線,延長 15,804メートル

    特殊道路

    11路線,延長 385メートル

    公園

    8カ所,24,000平方メートル

    関連する他事業

    • 公共下水道事業
    • 公園整備事業
    • 苫編跨線橋整備事業(国道2号姫路バイパス)

    事業の経緯

    • 都市計画決定 平成11年3月26日
    • 事業計画決定 平成11年11月2日
    • 仮換地指定(当初) 平成14年4月5日

    地区のスポット

    本地区を南北に分断するJR山陽本線は1日上下約350本の電車が通過するため棚田踏切は約4分から5分ごとに遮断機が下がり、県道田寺今在家線は両方向6~7千台の自動車と通学時間帯には220台の自転車、多数の歩行者が横断します。

    現在の棚田踏切

    また、JR山陽本線と並走する県道和久今宿線は両方向18,000台から20,000台の自動車交通量があることから、踏切が上がった際は自動車、自転車、歩行者が錯綜して通行するため、周辺に存ずる学校等の多くのコミュニティ施設を利用する住民にとって非常に危険な状況にあります。
    そこで、本事業により県道田寺今在家線を立体交差点化(アンダー)し、南北交通を円滑にすることにより、周辺のコミュニティ施設の機能を活用した良好な市街地の形成を図ります。

    立体交差完成イメージ

    保留地分譲のご案内

    英賀保駅周辺地区では、保留地(区画整理区域内の宅地)を販売しております。詳しい情報は、英賀保駅周辺土地区画整理組合のホームページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    棚田踏切除却立体交差事業(アンダーパス化)に伴う通行規制について

    通行経路の切替日が令和2年8月29日(土曜日)に決定しました。

    お問い合わせ

    姫路市役所都市局市街地整備部区画整理課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎7階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2552 ファクス番号: 079-221-2739

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム