避難所について

避難について

危険から回避するための避難場所

地震等の発生に伴い、安全を確保するための場所として、一時避難場所、指定緊急避難場所、大規模避難場所がありますので、切迫した災害の危険から逃れるただちに避難してください。

一時避難場所

災害時に危険を一時的に回避する場所又は集団を形成する場所で、自治会、自主防災会が選定する施設や空地等です。

指定緊急避難場所

災害の危険が切迫した場合に、災害の危険から緊急的に逃れるための場所又は施設で、洪水、津波、土砂災害、地震、高潮等の災害の種別ごとに市が指定する避難場所です。

大規模避難場所

地震、大規模な火事等の大規模災害時に、多数の市民が危険を回避するための場所で、市が指定する避難場所です。

 

生活の場としての避難所

災害で住宅が被害を受けた市民が中・短期の一定期間避難生活を送るための施設として、指定避難所を指定しています。
地震等により自宅で生活ができないときは、指定避難所へ避難してください。

また、地区の小学校を、コミュニティの拠点となる「拠点避難所」として位置づけています。

指定避難所

一定期間滞在する場として、学校や公民館等の公共施設等で、市が指定する避難所です。

 

避難所の開設・運営

災害が発生すると、市災害対策本部から市職員が参集し、避難所を開設します。
市職員や自主防災組織役員の誘導により、あわてずに入場してください。

避難者の皆様は、避難所で次の点についてご協力をお願いいたします。 

  1. 高齢者や障害者、乳幼児など、災害時要援護者の適切な避難誘導の協力をお願いいたします。
  2. 避難所の運営は、自主防災会、施設管理者、市職員等が協力して行うこととなります。運営へのご協力をお願いいたします。
  3. 避難時には、食料、水などの非常持出品の持参をお願いいたします。

 

改修中の避難所一覧

避難所として指定している施設において、改修工事を実施している施設があります。

小中学校については、改修工事を実施していない校舎や体育館を避難所として使用する予定です。

公民館等については、使用できませんので、改修工事期間中は、他の避難所への避難をお願いいたします。

 

平成28年度に改修中である避難所については、次のデータをご覧ください。 

 

 

指定緊急避難場所及び指定避難所

災害発生時には、指定緊急避難場所348か所、指定避難所259か所と自主防災会などが指定する一時避難場所1,000か所余りがありますので、一番近い場所へ避難してください。

 

平成27年10月15日現在の指定緊急避難場所および指定避難所については、次のデータをご覧ください。 

地図情報は、次のページをご覧ください。 

 

 

資料の閲覧方法についてのご案内

このページに掲載されている資料の中には、別途、閲覧ソフトが必要になるものが含まれています。
閲覧ソフトをお持ちでない場合は、ダウンロードすることができます。
形式の表示 無料閲覧ソフト  提供
PDF形式 Acrobat Reader アドビ社
ワード形式 Word Viewer マイクロソフト社
エクセル形式 Excel Viewer マイクロソフト社
資料の閲覧方法について
このページの作成・発信部署
電話番号: 079-223-9522   ファクス番号:079-223-9541
Copyright(C) 2016 Himeji City. All right Reserved.
姫路市役所(法人番号:1000020282014)  
〒670-8501 兵庫県姫路市安田四丁目1番地