ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

姫路市立学校園ホームページホーム

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

姫路市立琴丘高等学校

KOTOGAOKA HIGH SCHOOL

〒670-0052 姫路市今宿668番地 地図

電話番号:079-292-4925

第4回 琴丘高生が取り組む 世界遺産姫路城の障子紙を漉いて張る

  • 公開日:2022年7月22日
  • 更新日:2022年8月25日
  • ID:15581

第4回 琴丘高生が取り組む 世界遺産姫路城の障子紙を漉いて張る

◆ はじめに ~本校図書館伝統文化活動の紹介~

 本校図書館の蔵書には、683冊もの江戸~明治時代の和本が含まれています。令和元年度、和本の1件3冊が姫路市指定重要有形文化財となったことから、本校生徒の希望者を対象に、琴丘高校の特色づくりの一環として和本・和紙を軸とする図書館の伝統文化活動が本格的にスタートしました。「紙」にかかわる多様な学びによって、生徒の主体性とふるさと姫路を大切に思う心を育むことを目的としています。

 今回は「第4回 琴丘高生が取り組む 世界遺産姫路城の障子紙を漉いて張る」のご報告です。

 新型コロナウイルス対策で「3密」を避けるため、また、部活動との両立のため、作業内容と場所によって5つの班を設けています。班の掛け持ち可として参加者を募ったところ、今年度は42名の生徒が集まりました。


7月14日(木曜日)放課後   和紙の材料(楮)採取・本校特別教室棟北 【中止】

本校では、令和元年度に姫路藩御用紙漉所跡付近(姫路市香寺町須加院)より移植された楮を育てています。

生徒5名が楮採取に参加予定でしたが、楮の生育不良のため中止となりました。

生き物ですから休息も必要ですね。来年に期待です!


7月21日(木曜日)午前  和紙の材料(楮)採取・香寺町須加院

生徒5名が、須加院自治会の方々とともに姫路藩御用紙漉所跡付近の楮を採取しました。

図書部の生徒が代表挨拶と作業手順の説明を行いました。

ノコギリで枝を切り、皮をむいていきます。皮の内側の白い部分が和紙の材料になります。

暑さが厳しいので作業を早めに終了しました。

7月21日(木曜日)午後  和紙の材料採取・書写山の雁皮

生徒4名が、名塩紙技術保存会の八木米太朗氏、書写山圓教寺鬼追い会式保存会の梅津輝旭氏とともに、書写山の雁皮を採取しました。

まずは雁皮の見分け方を学び、無理のない範囲で採取。雨のため、1本だけ皮むきを行い、作業を早めに終了しました。

午前に採取した楮と午後に採取した雁皮はともに名塩紙技術保存会で加工され、次回の紙漉きの日(8月4日)に持ってきていただきます。

8月4日(木曜日)午前  紙漉き・本校しらさぎ会館

生徒18名が、名塩紙技術保存会の八木米太朗氏のご指導を受けて、姫路城障子紙となる和紙と記念ハガキの紙漉きに取り組みました。欠席生徒の分は、PTA会長と校長が頑張りました。

江戸時代、姫路藩家老河合寸翁が現在の姫路市香寺町須加院に姫路藩御用紙漉所を設置し、名塩紙の技術を持つ紙漉師を招き、藩札などを作らせました。その歴史を踏まえ、姫路藩御用紙漉所の楮と名塩紙の技術にこだわっています。

前半紙漉き・後半講義受講のAグループとその逆パターンのBグループ。講義コーナーでは、姫路市文化財課宇那木隆司氏から和紙や藩札の歴史について学びました。歴史ある資料のほか、さまざまな材料でできた紙も展示されていました。

開会と閉会の挨拶は図書部生徒が担当。作業後半には陸上競技部生徒4名も駆けつけ、全員で片付けを行いました。

次回、8月25日(木曜日)はいよいよ障子張りです!

8月25日(木曜日)午前  紙漉き・本校しらさぎ会館

生徒19名が、現代の名工(表具師)梅岡一晴氏のご指導を受けて障子張りに取り組みました。紙漉きのご指導後、天日干しや裁断をしてくださった名塩紙技術保存会の八木米太朗氏が仕上がった障子紙を持ってきてくださり、作業の様子を見守られました。

一般家庭で障子の張り替えに使用する紙は、ロール状の大きな紙です。ところが、手漉きの和紙は小さいので、少しずつ張っていきます。今でも、格式あるお茶室などではこのような張り方をしているそうです。

障子は下から張り始めます。次の紙は下に張った紙の上に少し重ねて張ります。こうすることで、障子を使用する際に付着する小さな埃は紙の重なり部分にたまりにくくなります。

生徒は、「これが世界遺産姫路城の一部になる!」というプレッシャーを感じながら、呼吸を整え、障子張りのバトンをつないでいきます。作業の待ち時間には、ワークシート「日本や地域の現状を踏まえ、高校生がこのような活動に参加する意義を考えてみよう」に取り組みました。開会と閉会の挨拶は図書部生徒が担当しました。

完成した障子は、年が明けてから姫路城で公開予定です。