ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    児童手当の所得制限

    • 公開日:2021年4月28日
    • 更新日:2021年4月28日
    • ID:13409

    本年5月分までの手当は前年度の所得で判定し、6月分以降の手当は、本年度の所得で判定します。

    所得制限一覧表
    扶養家族等の数所得額収入額
    0人6,220,000円8,333,000円
    1人6,600,000円8,756,000円
    2人6,980,000円9,178,000円
    3人7,360,000円9,600,000円
    4人7,740,000円10,021,000円
    5人8,120,000円10,412,000円
    • 所得税法に規定する70歳以上の同一生計配偶者または老人扶養親族がある人についての限度額(所得額ベース)は、上記の額に当該70歳以上の同一生計配偶者または老人扶養親族1人につき6万円を加算した額。
    • 扶養親族等の数は、税法上の同一生計配偶者、扶養控除対象及び16歳未満の扶養親族のうち申告があった人の数をいう。(施設など入所の児童は除く)

    また、下記の控除を受けている場合は、それぞれの額を控除することができます。

    控除区分表
    区分控除額
    一律控除8万円
    障害者控除27万円
    特別障害者控除40万円
    勤労学生控除27万円
    寡婦控除27万円
    ひとり親控除(注1)35万円
    雑損控除当該控除額
    医療費控除当該控除額
    小規模企業共済掛金控除当該控除額

    給与所得金額及び雑所得金額(公的年金

    等に係るものに限る)からの控除(注2)

    10万円

    低未利用土地等の譲渡に係る

    長期譲渡所得の特別控除(注3)

    当該控除額

    (注1)令和3年6月分以降の児童手当から控除の対象となります。控除を受けるには、確定申告時や年末調整時に申告が必要な場合があります。

    (注2)令和3年6月分以降の児童手当から控除の対象となります。給与所得及び雑所得(公的年金等に係るものに限る)の合計額から10万円を控除します。

    (注3)令和3年6月分以降の児童手当から控除の対象となります。控除を受けるには、確定申告時や年末調整時に申告が必要な場合があります。

    担当窓口

    こども支援課
    電話:079‐221‐2312