ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    特定保健指導とは

    • 公開日:2016年5月2日
    • 更新日:2022年4月1日
    • ID:4434

    特定健診の結果を元に、生活習慣改善のサポートをすることを「特定保健指導」といいます。

    一部医療機関で実施している特定保健指導か市で実施している「測って健康!チャレンジ教室」のどちらかをお選びいただけます。

    参加費は無料です。

    測って健康!!チャレンジ教室の写真風景

    対象者

    特定健診を受診後、医療機関から配布される特定健診結果通知書の中に「動機付け支援」「積極的支援」と記載されている方が対象です。対象者には国民健康保険課から案内が届きます。

    対象者は、腹囲、生活習慣病の危険因子の数、喫煙歴、年齢で判定します。

    危険因子とは

    1. 血糖:空腹時血糖100ミリグラム毎デシリットル以上またはHbA1c(NGSP値)5.6%以上
    2. 脂質:中性脂肪150ミリグラム毎デシリットル以上またはHDLコレステロール40ミリグラム毎デシリットル未満
    3. 血圧:収縮期130ミリメートルエイチジー以上、または拡張期85ミリメートルエイチジー以上

    ただし、糖尿病、高血圧症、脂質異常症の内服をしている人は医師による治療(指導)を優先としますので対象ではなくなります。

    特定保健指導の対象者一覧表
    腹囲危険因子
    血糖、脂質、血圧
    喫煙歴対象
    40歳から64歳まで
    対象
    65歳から74歳まで
    男性は腹囲が85センチメートル以上
    女性は腹囲が90センチメートル以上
    2つ以上該当積極的支援動機付け支援
    男性は腹囲が85センチメートル以上
    女性は腹囲が90センチメートル以上
    1つ該当あり積極的支援動機付け支援
    男性は腹囲が85センチメートル以上
    女性は腹囲が90センチメートル以上
    1つ該当なし動機付け支援動機付け支援
    上記以外でBMIが25以上3つ該当積極的支援動機付け支援
    上記以外でBMIが25以上2つ該当あり積極的支援動機付け支援
    上記以外でBMIが25以上2つ該当なし動機付け支援動機付け支援
    上記以外でBMIが25以上1つ該当動機付け支援動機付け支援

    (注)喫煙歴の-欄は、階層化の判定が喫煙歴の有無に関係ないことを意味します。

    実施内容

    動機付け支援

    • 初回指導は専門職により食事や運動に関する行動計画の作成をします。(個別指導20分またはグループ指導80分以上)
    • 6か月後に電話や手紙、メールにより生活習慣の改善状況を確認します。

    積極的支援

    • 初回指導は専門職により食事や運動に関する行動計画の作成をします。(個別指導20分またはグループ指導80分以上)
    • 積極的支援の対象の方は生活習慣病のリスクが高いため、3か月以上継続的により細やかな支援を行います。
    • 6か月後に電話や手紙、メールにより生活習慣の改善状況を確認します。

    特定保健指導の受け方

    特定保健指導の対象であれば、保健指導を受ける機関を医療機関か国民健康保険課で実施する教室かを選択し、予約を取りましょう。

    医療機関を希望する場合は直接医療機関にお申込みください。国民健康保険課の教室に参加する場合は健診を受診してから2ヶ月から3ヶ月後に送付されるご案内をご覧ください。

    実施機関
    機関日時場所電話番号
    国民健康保険課

    「測って健康!!チャレンジ教室」

    各会場月に1回程度開催

    市役所、南保健センター、西保健センター、保健所、北保健福祉サービスセンター、西保健福祉サービスセンター、東保健福祉サービスセンター、灘保健福祉サービスセンター、網干保健福祉サービスセンター、家島保健福祉サービスセンター、香寺健康福祉センター、安室東公民館、前之庄公民館など

     079-221-2339
    医療機関予約時に日時を決定

     石橋内科、石橋内科広畑センチュリー病院、井野病院、城南病院、城陽江尻病院、西詰医院、野里門クリニック、姫路医療生活協同組合共立病院、姫路市医師会診療所、真浦クリニック、森内科医院、もりたファミリークリニック

     各医療機関

    重症化予防とは

    対象は特定健診を受けた人のうち、検査結果により人工透析や糖尿病合併症などの重い生活習慣病を発症するリスクが高く、治療を受けていない人や治療を中断している人です。医療機関への受診勧奨や保健指導を行います。