ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市国民健康保険 保健事業実施計画(第2期データヘルス計画)

    • 公開日:2015年5月8日
    • 更新日:2019年10月4日
    • ID:4448

    姫路市国保の特定健診、特定保健指導、生活習慣病発症予防、重症化予防に関する計画です。姫路市国民健康保険では、保健事業実施指針に基づきデータヘルス計画を定め、被保険者の健康増進や生活習慣病発症予防、重症化予防等の保健事業の実施及び評価を行います。

    概要

    保健事業実施計画 第2期データヘルス計画とは

    健診・医療情報等を活用して効果的かつ効率的な保健事業の実施を図るための計画です。被保険者へ健康増進や生活習慣病発症予防、重症化予防等の保健事業の実施及び評価を行うものとしています。この度、高齢者の医療の確保に関する法律第19条第1項に基づく「第2期特定健康診査等実施計画」の改訂に合わせて一体的に策定した。

    計画期間については、国及び兵庫県が示す「第3期医療費適正化計画」に合わせ、6年を一期とし、平成30年度から平成35年度までとしています。

    目標値

    国の基本指針に掲げる参酌標準をもとに、目標値を下記の表とおり設定しています。

    目標値一覧表
    年度平成30年度平成31年度平成32年度平成33年度平成34年度平成35年度
    特定健診の受診率40%44%48%52%56%60%
    特定保健指導実施率30%36%42%48%54%60%
    メタボリックシンドロームの該当者・予備群の減少率25%以上減少(平成20年度比)

    姫路市国民健康保険 保健事業実施計画(第2期データヘルス計画)