ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の発行手続き

    • 公開日:2021年7月21日
    • 更新日:2021年9月17日
    • ID:17420

    メニュー

    令和3年7月26日(月曜日)から、海外渡航予定がある方を対象に新型コロナワクチン接種証明書(ワクチンパスポート)の申請受付を開始します。

    当面は、海外渡航予定がある方のみを対象としています。

    受付開始日

    令和3年7月26日(月曜日)より申請受付を開始します。

    対象者

    海外渡航予定がある方(当面は、海外渡航予定がある方のみが対象)

    申請受付・発行方法

    郵送で申請してください。

    接種日時点の住民登録地の市町村に申請してください。(1回目と2回目の接種を受けた際の住所地が異なる場合は、それぞれに申請が必要です。)

    本人のみが申請可能です。代理人申請の場合は、配偶者や同居の親族が申請される場合でも委任状が必要となります。

    書類に不備が無い場合、証明書は申請書類到着後1週間以内に発送します。

    お急ぎの方は、問い合わせ先にご連絡ください。

    申請書類を送付する際の郵送料不足にご注意ください。(例:定形の封筒に返信用の定形封筒とA4の紙を4枚入れた場合の郵送料の目安は94円です。)

    提出先

    〒670-8530
    姫路市坂田町3番地 姫路市保健所総務課 新型コロナウイルスワクチン担当

    令和3年10月1日から提出先が変わります 

    (令和3年10月1日以降)〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 姫路市ワクチンパスポート担当

    問い合わせ先

    保健所総務課 新型コロナウイルスワクチン担当 

    電話番号 079-289-1800

    証明事項

    予防接種を受けた方の氏名、生年月日、国籍、旅券番号、予防接種に関する情報
    (予防接種を受けた日、接種回数、予防接種に使用されたワクチンに係る製造販売業者の名称、製品名及び製造番号、予防接種を受けた国) (英語・日本語表記)

    申請書類

    (1)から(6)は必須、(7)、(8)は場合により必要となります。

    必要書類
    書類  備考
    (1)申請書下記の様式をご使用ください。

    (2)旅券(パスポート)の写し (旅券番号、姓名、生年月日が記載されたページ)

    有効期限内のものをご用意ください。

    渡航前に旅券の更新が必要であれば、更新した旅券(写し)をご提出ください。 

    (3)現住所の記載された本人確認書類の写し (マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証等)

    こちらの書類記載の住所にご返送をいたします。

    (4)接種券(「予診のみ」部分)の写し

    廃棄済み等により添付できない場合でも申請は可能ですが、調査により接種券番号が確認でき次第の発行となるため、交付に通常よりも時間を要する場合があります。

    (5)接種済証の写し 又は接種記録書の写し

    接種済証:接種券を用いて接種を受けた人に渡されるもの。接種券の右側部分です。

    接種記録書:接種券を発行される前に接種を受けた人に渡されるもの。

    紛失等により添付できない場合でも申請は可能ですが、調査により接種記録が確認でき次第の発行となるため、交付に通常よりも時間を要する場合があります。

    (6)返信用封筒  (返送先の住所・氏名を記入し、切手を貼り付けたもの)

    返送先は (3)の書類に記載された住所となります。

    基本料金:定形郵便物84円、定形外郵便物120円

    場合により必要な書類
    書類備考
    (7)旧姓・別姓・別名が確認できる書類の写し(運転免許証、戸籍謄本等)      旅券に旧姓・別姓・別名(英字)の記載がある場合に必要です。
    (8)委任状 及び代理人の本人確認書類の写し(運転免許証、健康保険証等)

    代理人による申請の場合に必要です。

    下記の様式をご使用ください。

    接種券のサンプル画像。中央の予診のみ部分、右下の接種済み表の部分を赤枠で囲って表示しています。

    接種券「予診のみ」部分・接種済証サンプル
    (赤線枠内が接種券予診のみ部分、接種済証です)

    接種記録書サンプル画像です。

    接種記録書サンプル

    接種証明書利用可能国 (9月17日現在)

    外務省ホームページに掲載されている接種証明書(ワクチンパスポート)が使用可能な国・地域一覧は以下のとおりです
    詳しくは外務省のホームページをご確認ください

    • イタリア
    • インドネシア
    • エクアドル
    • エストニア
    • オーストリア
    • オランダ
    • カナダ
    • ガボン
    • コソボ
    • サモア
    • シンガポール
    • スリランカ
    • スロバキア
    • スロベニア
    • セントクリストファー・ネービス
    • セントビンセント
    • タイ(プーケット島、サムイ島、パンガン島、タオ島のみ)
    • デンマーク
    • ドイツ
    • トルコ
    • パプアニューギニア
    • パラオ
    • フランス
    • ブルガリア
    • 米国(グアムのみ)
    • ベトナム
    • ベラルーシ
    • ベリーズ
    • ポーランド
    • ホンジュラス
    • 香港
    • マレーシア
    • モルディブ
    • リトアニア


    • 韓国
      隔離免除書発行に必要な書類のうちのひとつである「予防接種証明書」として認められます。ただし、韓国が指定する変異株流行国に日本が追加されたことを受け、9月1日以降、日本から韓国に入国する場合、隔離免除が適用されません。


    上記以外の国・地域については現在確認中であり、確認でき次第随時、外務省ホームページにて公表される予定です。
    外務省 海外安全ホームページ別ウィンドウで開く

    留意点

    • 接種証明書に記載される氏名は、旅券と一致させる必要があります。別名併記等をご希望の場合はあらかじめ旅券の表記修正を行ってください。
    • 接種証明書の発行にかかる手数料は無料ですが、必要書類の準備にかかる費用(コピー代等)、郵送費用(切手代等)は申請者にご負担いただく必要がございますので、ご了承ください。
    • ドメスティック・バイオレンス、ストーカー行為、児童虐待及びこれらに準ずる行為の被害者の方が申請される場合は、事前に問い合わせてください。
    • 旧字体等、システム上印字できない字体については、代用漢字等で印字させていただきます。

    ワクチン接種証明書(ワクチンパスポート) サンプル