ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    事業所などの構内で使用されている未登録の軽自動車等の申告について

    • 公開日:2012年12月5日
    • 更新日:2020年3月18日
    • ID:727

    事業所、工場、作業所などの構内のみで使用されているため、ナンバープレートをつけていない未登録の軽自動車等についても、軽自動車税の課税対象になります。
    該当する車両がある場合には、地方税法第447条第1項および姫路市市税条例第70条第1項の規定により、市への申告が義務付けられています。対象となる方は申告の手続きをお願いします。

    対象となる車両

    原動機付自転車、小型特殊自動車(フォークリフト等)、四輪の軽自動車、三輪の軽自動車、軽二輪、二輪の小型自動車など軽自動車税の対象となるもので、ナンバーがついていない未登録の車両

    申告場所

    税務部主税課税総合窓口

    必要書類

    事業所等の代表者印(会社印)、各車両の車名・車台番号・排気量等が確認できるもの(販売証明書等)

    注意事項

    1. 正当な事由がなくて申告をしなかった場合には、地方税法第449条および姫路市市税条例第71条第1項の規定により、10万円以下の過料を科される場合がありますのでご注意ください。
    2. 申告をされた場合、原動機付自転車、小型特殊自動車(フォークリフト等)につきましては、それぞれナンバープレートを交付します。その他の車種の場合は、ナンバープレートではなく、課税番号を記載した書類を交付します。
    3. 廃車など登録状況に変更がある場合にも、申告が必要です。この場合の申告の際には、交付したナンバープレートまたは課税番号を記載した書類も添えてご提出ください。

    元号表記について

    納税通知書等については、本年5月1日以降の元号を「平成」と表記している場合がありますが、改元後も有効です。

    お問い合わせ

    主税課総合窓口・軽自動車税担当
    〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地
    電話079-221-2257