ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    置塩公民館

    • 公開日:2016年8月19日
    • 更新日:2021年4月26日
    • ID:3643

    置塩公民館をご紹介します。

    置塩公民館外観写真

    施設の概要

    置塩公民館は置塩小学校に隣接し、又坂、宮置、置本、山富、玉田等の住民の憩いの場として、平成5年7月に体育館を併設した置塩構造改善センターとして建設されました。その後、平成18年に姫路市との合併で、名称を姫路市立置塩公民館と変更し、現在に至っています。公民館のすぐ東には清流夢前川、川を挟んで北東には国指定史跡に登録されている赤松氏の居城(山城)として名高い置塩城跡、その麓には由緒ある櫃蔵(ひつくら)神社があり、古くから人々の往来が盛んであったことを伺うことが出来ます。

    代表するイベントとして10月開催、置塩城まつり、4月開催、文化講座生を中心に活動作品発表会を実施しています。

    連絡先

    〒671-2121
    姫路市夢前町宮置292-2
    電話079-335-3882

    交通アクセス

    神姫バスを利用される場合

    1. 姫路駅バスターミナルで51番乗車口から乗車(横関経由前之庄行)
    2. 中村公民館前で下車
    3. 所要時間約45分

    乗用車を利用される場合

    横関から県道67号線を北へ約5キロメートル

    置塩小学校の約100メートル北側を右折(暮坂峠に至る)

    約200メートルの所に置塩公民館の看板

    置塩公民館の地図はこちらをご参照ください。別ウィンドウで開く

    各種講座のご案内

    • 講座は、変更になる場合があります。

    公民館からのお知らせ

    施設案内

    置塩公民館の施設をご案内します。

    概要

    単独館、鉄筋コンクリート構造2階建

    開館時間

    午前9時00分から午後9時00分まで

    休館日

    月曜日および12月28日から翌年1月3日まで

    会議室等の利用

    公民館では講座等の主催事業以外で、地域の集会等で会議室等を使用できます。ただし、社会教育法23条規定の以下の利用はできません。

    1. 営利目的での利用
    2. 特定の政党の利害に関する利用
    3. 宗教活動を目的とした利用

    使用料

    使用料一覧
    室名午前(午前9時から正午まで)午後(午後1時から午後5時まで)夜間(午後6時から午後9時まで)
    多目的研修室5700円7630円5700円
    研修室A610円810円610円
    研修室B200円300円200円
    和室A710円910円710円
    和室B200円300円200円
    工作実習室610円810円610円
    調理実習室810円1010円810円

    施設管理上、夜間の貸出ができない場合があります。予めご了承ください。

    使用料の減免(姫路市立公民館使用料等に関する規則第2条)

    1. 市および公共団体が使用する場合:使用料の全額
    2. 地域の公共的団体が公益のため使用する場合:使用料の全額
    3. 市内の社会教育関係団体が社会教育のため使用:使用料の5割に相当する額
    4. 市長が特に必要と認める場合:市長が相当と認める額

    冷暖房費

    冷暖房設備を使用する場合は以下の実費相当額をいただきます。

    冷暖房費一覧
    室名午前(午前9時から正午まで)午後(午後1時から午後5時まで)夜間(午後6時から午後9時まで)
    研修室A200円300円200円
    研修室B100円100円100円
    和室A200円300円200円
    和室B100円100円100円
    工作実習室200円200円200円
    調理実習室200円200円200円

    利用申込受付期間

    使用期日の属する月の前3月から使用期日の前日までの間

    平面図

    置塩公民館1階平面図
    置塩公民館2階平面図

    図は開館時のため、現在と相違する場合があります。