ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市低公害車普及促進対策助成事業について(緑ナンバー)

    • 公開日:2016年7月19日
    • 更新日:2022年10月11日
    • ID:2499

    姫路市低公害車普及促進対策助成事業の内容をご案内します。

    制度概要

    姫路市低公害車普及促進対策助成事業の概要は以下のとおりです。

    なお、車両登録及び電気自動車用充電設備設置工事の前に補助金交付申請をして、交付決定を受けることが補助金の交付要件となりますのでご注意ください。

    目的

    運送事業者および自動車リース事業者による低公害車の導入や電気自動車充電設備の設置に要する経費の一部を補助することにより、低公害車の普及を促進し、自動車排出ガスによる大気汚染を防止して、市民の健康の保護と生活環境の保全を図ります。

    対象者

    運送事業者(一般乗合旅客自動車運送事業者、一般乗用旅客自動車運送事業者、一般貨物自動車運送事業者、第二種貨物利用運送事業者等)及び自動車リース事業者

    対象事業

    姫路市の区域内に使用の本拠を置く運送事業者が低公害車を導入し、又は電気自動車用充電設備を設置する事業(リースによる導入及び設置も可)


    対象となる車両及び電気自動車充電設備

    バス

    乗車定員11人以上の天然ガスバス、優良ハイブリッドバス、燃料電池バス

    (注)令和4年度は、燃料電池バスの補助は実施しません。

    トラック

    天然ガストラック、優良ハイブリッドトラック(国の補助金対象車種に限ります。)

    タクシー

    燃料電池自動車(FCV)、電気自動車(EV)、LPGハイブリッドタクシー

    プラグインハイブリッド車は対象外です。

    電気自動車用充電設備

    急速充電設備(定格出力10キロワット以上)

    補助金額

    • 低公害車(燃料電池バスを除く)の車両本体価格と通常車両価格との差額(低公害車への改造費相当額)に3分の1を乗じて得た額
      ただし、使用過程にあるディーゼル車を天然ガス車に改造する場合は改造費に3分の1を乗じて得た額
    • 燃料電池バス(トヨタSORA):1,000万円
    • 燃料電池タクシー:100万円
    • 電気タクシー:車両本体価格に4分の1を乗じて得た額。上限150万円。
    • LPGハイブリッドタクシー:車両本体価格に5分の1を乗じて得た額。上限60万円。
    • 電気自動車用充電設備:当該設備本体価格に4分の1を乗じて得た額。上限75万円。

    申請期間

    令和4年10月11日から令和5年2月28日まで(予算の範囲内で先着順に受付。予算の限度額に達したときは、受付を終了します。)

    交付の条件等

    導入した低公害車及び電気自動車用充電設備は、法定耐用年数の期間使用すること。

    申請方法

    申請書類は環境政策室で受け取るか、以下の「様式」からダウンロードできます。補助金交付申請書(様式第1号)に必要書類を添えて、下記の提出先まで郵送または持参にて提出してください。ただし、提出いただいた書類は返却できません。

    提出先

    姫路市環境局環境政策室
    〒670-8501
    姫路市安田四丁目1番地 姫路市役所7階 

    要綱

    様式