ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路市立美術館40周年記念講演会・シンポジウム「変化の時代の美術館~100年後も市民とともに」の開催について

    • 公開日:2023年11月9日
    • 更新日:2023年11月11日
    • ID:25672

    資料提供日

    令和5年11月9日(木曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市美術館学芸課
    担当者 鬼本、安部、小川
    電話番号 079-222-2288

    姫路市立美術館は、本年4月に開館40周年を迎えました。これを記念して国立新美術館長・逢坂恵理子氏による記念講演会を開催。合わせて、逢坂氏とともに兵庫県立美術館長・林洋子氏、当館長・不動美里の3名によるシンポジウムを実施いたします。 (逢坂氏の「逢」は二点しんにょう)

    趣旨

    コロナ禍以降、人々の価値観の変化、急速なデジタル化、そして戦争・気候変動と、私たちの身近に大きな変化が起こっていることを実感することが多くなってきました。美術館も例外ではなく、さまざまな局面で、求められる姿が以前とは大きく変わったことを感じます。そのような中で、姫路市立美術館を含む公立美術館は、どのような方向に向かうべきでしょうか。
    記念講演会では、講師に独立行政法人国立美術館理事長・国立新美術館長である逢坂恵理子氏をお招きし、美術館の歴史とレガシーを幅広い見地から振り返り、これからの美術館の在りようを展望します。シンポジウムでは、講演会に続いて逢坂氏、兵庫県下では当館以外で唯一の女性館長であられる兵庫県立美術館長の林洋子氏、そして当館長の不動美里が、美術館の未来について語り合います。

    開催日時

    令和5年11月18日(土曜日) 午後1時00分から午後3時30分まで

    開催場所

    姫路市市民会館 3階第2会議室(中ホール)
    姫路市総社本町112

    当日の流れ

    • 午後1時0分から午後1時10分 清元秀泰 姫路市長あいさつ
    • 午後1時10分から午後1時50分 記念講演会
    • 午後1時50分から午後2時0分 休憩
    • 午後2時0分から午後3時30分 記念シンポジウム

    出演者

    記念講演会 講師・パネリスト

    • 逢坂恵理子 氏(国立新美術館長)

    パネリスト

    • 林洋子 氏(兵庫県立美術館長)
    • 不動美里(姫路市立美術館長)

    モデレーター

    • 鬼本佳代子(姫路市立美術館 学芸課長)

    主催

    姫路市立美術館

    参加方法

    当日受付先着順。 参加費無料

    定員

    180名

    添付資料

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所観光経済局観光文化部姫路市立美術館

    住所: 〒670-0012 姫路市本町68番地25 姫路城東側

    住所の地図

    電話番号: 079-222-2288 ファクス番号: 079-222-2290

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム