姫路科学館>プラネタリウム

姫路科学館・プラネタリウム

姫路科学館のプラネタリウム

【今夜、星が見たくなるプラネタリウム】へようこそ。

姫路科学館のプラネタリウムは、世界有数(直径27m)のドームを持つプラネタリウムです。専門解説員がライブでお伝えする星空案内や、迫力ある全天映画をお楽しみください。
観覧料は、ご利用案内のページでご確認ください。

小さいお子さんをお連れの際は

当館のプラネタリウムは日曜日の最初の投影を除き、概ね小学生から大人を対象にしています。小さなお子さんにとって、プラネタリウムは広くて暗い「かなり異質な場所」なので、無理をして悲しい思い出にならないようにしてください。
小さいお子さんをお連れの際はもご覧ください。

プラネタリウムの投影スケジュール

姫路科学館のプラネタリウムは2種類あります

姫路科学館のプラネタリウムでは、通常2種類の番組があります。投影時間は、どちらも約45分間です。

投影スケジュール

開演時刻
(開場は10分前)
平日 学校休業日
土曜日・祝日 日曜日
9時45分 団体予約   全天映画C
11時 星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題
12時45分 団体予約 全天映画A 全天映画A
13時50分 全天映画A 星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題
14時55分 星空案内と
宇宙の話題
全天映画B
全天映画B
16時 全天映画B
星空案内と
宇宙の話題
星空案内と
宇宙の話題

お願い

星空案内と宇宙の話題

今頃見える星空のご案内と月替わりで最新の宇宙の話題を、解説員が生解説・ライブでお届けします。解説員の個性あふれる、その日・その時だけの投影をご覧ください。

星空案内

「今夜、星空を見るのが楽しみ!」と思って頂けるように、最新の話題を織り交ぜながら、解説員が星空の見どころをご紹介します。

宇宙の話題

今月のイラスト

月替わりのテーマで、天文や宇宙の様々な話題をご紹介しています。(これまで投影したテーマもご覧になれます)

2024年2月【冬の天の川と星の一生】
冬の夜空できらめく星々の中を、恒星の一生をたどりながら探検してみましょう。
2024年3月【おおぐま座はめぐる】
北斗七星の長い尻尾を持つおおぐま座と北極星の魅力をご紹介します。
2024年4月【小惑星】
太陽系の小さな仲間・小惑星の多彩な素顔に迫ります。
2024年5月【おとめ座の魅力】
春の星空に横たわる誕生日の星座・おとめ座。その中に見える色々な天体をご紹介します。

(イラスト:Coyuki氏)

全天映画

ドーム全体を使った迫力ある映像で、宇宙や科学のおもしろさをお伝えします。前半に、今夜の星空の見どころも紹介いたします。

開演時刻 2024年1月4日(木曜日)から3月31日(日曜日)
全天映画A 平日:13時50分
土日祝:12時45分
宙に架ける
全天映画B 平日:16時00分
土日祝:14時55分
月をめざして
全天映画C 日曜 9時45分 (1月7日から)週替わり幼児番組

全天映画A「宙に架ける~星の距離を求めて~」

全天映画・宙へ架ける

今夜の星空案内+本編(25分)

「あの星は、どれくらい遠くにあるのだろう…」夜空を見上げてそう思ったことはありませんか?天体までの距離測定には様々な方法があります。それらを繋ぎ合わせ、宇宙のはるか彼方までの距離を測る手法が「宇宙の距離はしご」です。この番組では、天体の距離測定の歴史やその方法を、親子の会話を通じてご紹介します。

作品の紹介ページ(外部サイト)
© 製作:コニカミノルタプラネタリウム 企画・制作・著作:福岡市、福岡市科学館

全天映画B「月をめざして」

全天映画・月をめざして

今夜の星空案内+本編(27分)

ジュール・ベルヌからアポロ、そしてアルテミスへ…ロケットに夢と希望を持ち続けて努力してきた開拓者たちの物語です。

作品の紹介ページ(外部サイト)
© 製作:合同会社アルタイル

全天映画C「幼児向け番組ローテーション」

2024年1月7日から毎週日曜日。今夜の星空案内もあります。

「たいようくんとおつきちゃん」「それいけ!アンパンマン ~ちびおおかみと月のふしぎ~」「こぐま座のティオ~12星座のなかまたち~」の3本の番組を週替わりで上映します。

小さい子どもたちから大人まで一緒に楽しめますので「初めてのプラネタリウム体験」にぜひ!

プラネタリウムのイベント

通常の投影と差し替えで、プラネタリウムで特別な投影をしています。

震災特別投影「星よりも、遠くへ」

「星よりも遠くへ」ポスター

2024年3月11日(月曜日) 16時の投影(15時50分開場)

各地の震災で犠牲になった方々の鎮魂と防災意識の継承のため、仙台市天文台プラネタリウム制作の東日本大震災メモリアル番組を投影いたします。

作品の公式ページ(外部サイト))

プラネタリウムCDコンサート

次回は2024年5月の「プラネ de リラックス 2024」13時50分開演

科学や星にはあまりなじみがないというお客様に、音楽を通してプラネタリウムの星を楽しんで頂いています。
再演なし・たった1度きりの投影のために、プラネタリウム担当者が一生懸命選曲し演出を考え、心をこめて星空コンサートを開催いたします。

詳しくはCDコンサートのページへ。

七夕特別投影「たなばた星まつり」

2024年も開催予定です。

平日は保育園・幼稚園のみなさんに合わせて楽しく、土日はより幅広い年齢層の人にお楽しみいただける内容で、七夕にまつわる星のお話をご紹介します。
内容は、解説員による七夕の星空案内と姫路科学館オリジナルの物語『カッパの河太郎・たなばた物語』の投影です。

団体予約専用の投影について

平日(夏・冬・春休み期間は除きます)の9時45分と12時45分からの投影は、団体のご希望に沿った投影ができます。
団体利用の詳細については、団体予約のページをご覧下さい。

星空を楽しむための情報

流星群や惑星の見かた、望遠鏡の使い方、星の子館で以前に撮影された天体写真など、みなさんが自分の家から星空を楽しむための情報を用意しています。

姫路科学館プラネタリウムの特徴

2013年3月16日にリニューアルしたプラネタリウムでは、

投影システム「GEMINISTAR IV-HIMEJI」

プラネタリウム100周年

プラネタリウム100周年記念ロゴ

1923年10月21日に、ドイツで世界初の近代的なプラネタリウムが公開されました。
2023年の100周年に向けて、日本、そして世界中のプラネタリウムで様々なイベントが行われます。

プラネタリウム100周年記念事業ホームページ(日本プラネタリウム協議会)

星の子館天体観測室「あさひララ」

天体望遠鏡「あさひララ」の写真

星の子館天体観測室「あさひララ」

姫路科学館のお向かいにある、公開天文台「あさひララ」のご紹介です。昼間はプラネタリウム&夜は実際の星空を楽しむことができます。

2023年11月1日から2024年3月15日まで天文台の改修工事を行います。天体観望会は小型望遠鏡で実施します。