ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姉妹都市(海外・国内)/姉妹城

    • 公開日:2014年10月29日
    • 更新日:2019年11月27日
    • ID:7173

    姫路市は、松本市・鳥取市の国内2都市に加えて、海外6都市1城と、姉妹都市・姉妹城の提携を行い、さまざまな交流活動を進めています。
    活動の中心は友好使節団や青少年の相互派遣で、このほかにも文化・教育・経済など多面的な交流を推進。21世紀の国際化時代に向けて、温かい友好交流活動は年を追うごとに活発になり、姉妹都市、姉妹城間の絆をより強くしています。

    海外姉妹都市については、国際交流センターのホームページでも紹介しています

    海外

    シャルルロア市(ベルギー)

    シャルルロア市の写真
    ベルギーの国旗の画像

    首都ブリュッセル市の南60キロメートルに位置する古い城下町。中世の面影を残しながら、製鉄・化学・ハイテク産業を中心に現在の産業発展を成し遂げてきた。
    1965年7月13日提携。
    詳しくはシャルルロア市のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    フェニックス市(アメリカ)

    フェニックス市の写真
    アメリカの国旗の画像

    アリゾナ州の州都。山脈に囲まれたソノラ砂漠の中心部にあり、観光・レジャーと先端技術産業が両立した街として広く知られている。
    1976年11月3日提携。
    詳しくはフェニックス市のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    アデレード市(オーストラリア)

    アデレード市の写真
    オーストラリアの国旗の画像

    南オーストラリア州の州都。都市全体が公園に囲まれ、新旧の建物が美しく調和。ハイテク産業や金属工業などが中心の産業都市。
    1982年4月19日提携。
    詳しくはアデレード市のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    クリチーバ市(ブラジル)

    クリチーバ市の写真
    ブラジルの国旗の画像

    パラナ州の州都。クリチーバは「多くの松」の意。標高900メートルの高原にあり、美術館や教会、公園の多い美しい都市でもある。
    1984年5月14日提携。
    詳しくはクリチーバ市のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    太原市(中国)

    太原市の写真
    中国の国旗の画像

    山西省の省都。2400年の歴史を持つ政治・経済・文化の中心地。標高780メートルの高地にあり、鉄鋼・機械など、諸工業が発達している。
    1987年5月20日提携。
    詳しくは大原市のページ(http://www.taiyuan.gov.cn/ )をご覧ください。

    昌原市(韓国)

    馬山市の写真
    韓国の国旗の画像

    大韓民国の南東部、釜山の西約50キロメートルに位置する慶尚南道第1の都市。2010年7月1日に隣接する2市(馬山市、鎮海市)と国内初の行政合併を実施し、東南広域経済圏第1の成長拠点としてさらなる発展が期待されている。日本企業も多数進出。
    2000年4月18日提携。
    詳しくは昌原市のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    国内

    松本市

    写真(松本市)
    日本の国旗の画像

    日本アルプスと高原に囲まれた城下町。松本城は天守、乾小天守、渡りやぐらなど5棟が国宝に指定されており、雄大な山並みを背にそびえる姿は壮観。
    1966年11月17日提携。
    詳しくは松本市のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    鳥取市

    写真(鳥取市)
    日本の国旗の画像

    池田氏32万石の城下町。市北部に日本一の海岸砂丘を持ち、鳥取砂丘や湖山池などを中心にした観光都市でもある。
    1972年3月8日提携。
    詳しくは鳥取市のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    シャンティイ城(フランス・ロワーズ県)

    写真(シャンティ城)

    世界文化遺産・姫路城は、フランスで最も美しい城といわれるシャンティイ城と姉妹城提携を結んでいます。この城は、パリの北約40キロメートルにある古城で、ルネサンス期の壮麗な建築様式を代表する建築物です。広壮な庭園には、池やあずま屋、石像が設けられ、池の水面に映る城の姿は白鳥のような優美さ。姫路市の市制百周年を記念して、1989年5月11日に提携したもので、国内の城が海外の城と姉妹城提携したのは初めてのことです。
    詳しくはシャンティイ城のページ別ウィンドウで開くをご覧ください。

    コンウィ城(英国・北ウェールズ)

    コンウィ城の写真

    コンウィ城は英国・北ウェールズのコンウィにあり、1287年(13世紀後半)に、イングランド王エドワード1世が築いた城。自然の防御壁となったコンウィ川と背後は山に囲まれ、さらに旧市街は3キロにも及び城壁と21塔の強固な塔に囲まれています。街の南東部にある城は、巨大な8つの円筒が城壁に連なっており、塔の上からはコンウィの、街並みはもちろん、コンウィ川、スノードニアの山々を見渡すことができます。外壁は非常に良い状態で残っており、屋根がないことを除けば建造当時の面影をほぼ残しております。1986年には「グウィネズのエドワード1世の城郡と市壁郡」として世界遺産に登録されました。平成29年7月に、(公財)兵庫県国際交流協会を通じて、英国ウェールズ政府日本代表から、姫路城とコンウィ城との姉妹城提携を念頭に、相互交流を行いたいとの提案がなされ、2019年10月に姉妹城提携を結びました。

    コンウィ城(英国・北ウェールズ)別ウィンドウで開く

    お問い合わせ

    姫路市役所市長公室 広報課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎3階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2073 ファクス番号: 079-221-2076

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム