ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    ひとり親家庭 高等学校卒業程度認定試験 合格支援給付金 

    • 公開日:2020年12月4日
    • 更新日:2022年9月21日
    • ID:13432

    ひとり親家庭の母または父とその20歳未満のお子さんが、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)の合格を目指す時の支援です。

    概要

    高等学校卒業資格を持たないひとり親家庭の母または父とその20歳未満の子どもが、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)の合格を目指して対策講座を受講する場合、受講料の一部を支給します。

    対象者

    ひとり親家庭の母または父とその20歳未満のお子さんで、次の全ての条件を満たす方

    1. 姫路市内に住所を有する
    2. 所得が児童扶養手当受給対象所得水準である
    3. 高卒認定試験に合格することが適職に就くために必要であると認められる
    4. 過去に支給対象者として、この給付金を受給していない
    5. 高等学校に在籍して、高等学校等就学支援金を受給していない
    6. 大学入学資格を取得していない

    対象講座

    高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)の合格を目指す民間事業者などが実施する対策講座

    支給内容


    • 受講開始時給付金
      受講費用の3割(上限7万5千円、下限4,001円)
    • 受講修了時給付金
      受講費用の4割から受講開始時給付金を差し引いた金額(受講開始時給付金と併せて上限10万円、下限4,001円)
    • 合格時給付金
      受講費用の2割(受講開始時給付金及び受講修了時給付金と併せて上限15万円)


    給付例

    例1 受講費用30万円の場合、支給額15万円
    ・開始時 (7万5千円)
     30万円 × 3割 = 9万円 > 上限7万5千円

    ・修了時(2万5千円)
     30万円 × 4割 = 12万円 >上限10万円
     上限10万円 - 開始時7万5千円 = 2万5千円

    ・合格時(5万円)
     30万円 × 2割 = 6万円 > 上限5万円(上限15万円 - 開始時7万5千円 - 修了時2万5千円)

    例2 受講費用9千円の場合、支給額0円
    ・開始時(0円)
     9千円 × 3割 = 2千7百円 < 4千円→支給なし

    ・修了時(0円)
     9千円 × 4割 = 3千6百円 < 4千円→支給なし

    ・合格時 修了時に支給していないため支給なし

    申請方法

    講座指定の手続きが必要ですので、受講開始前にご相談ください。

    担当窓口

    こども支援課 ひとり親支援担当
    電話番号:079-221-2132
    住所:姫路市安田四丁目1 本庁舎8階