ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    ロタウイルス感染症予防接種について

    • 公開日:2020年9月3日
    • 更新日:2020年9月3日
    • ID:13891

    令和2年10月1日より、ロタウイルス感染症予防接種が定期接種になります。

    対象者には、順次接種券を送付します。

    9月30日までに接種をした場合は、全額自己負担となりますのでご注意ください。

    対象者および接種方法

    令和2年8月1日以降に生まれた市民で、ワクチン毎に定められた対象週令の方

    ロタウイルス予防接種対象週令および接種方法
     ワクチン対象週令用法

     ロタリックス(経口弱毒生ヒトロタウイルスワクチン)

    生後6週から24週 

    27日以上の間隔をあけて2回経口接種

     ロタテック(5価経口弱毒生ロタウイルスワクチン)

    生後6週から32週

    27日以上の間隔をあけて3回経口接種

    • 初回接種は、生後14週6日までに受けてください。(15週以降に受けることはお勧めしていません。)
    • ワクチンは2種類あります。どちらのワクチンも効果に違いはありません。
    • 2つのワクチンは接種回数が異なります。2回目以降も最初に受けたワクチンと同じ種類を接種してください。

    予防接種実施医療機関

    予防接種を受けるときに持参するもの

    1. 母子健康手帳
    2. ロタウイルス予防接種券(シール)・・・予診票に貼ってください。
    3. 予診票

    接種後に気を付けていただきたいこと

    腸重積症について

    ワクチン接種後(特に初回接種後)1~2週間くらいの間は、腸重積症にかかりやすくなると言われています。

    次のような様子が1つでも見られるときは、すぐに医療機関を受診しましょう。

    • 突然激しく泣く
    • 便に血が混じる
    • 機嫌が良かったり不機嫌になったりを繰り返す
    • 嘔吐を繰り返す
    • ぐったりして顔色が悪い

    関連情報