ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    世界アルツハイマーデー(9月21日)姫路城・アクリエひめじオレンジライトアップについて

    • 公開日:2023年8月24日
    • 更新日:2023年8月26日
    • ID:25176

    資料提供日

    令和5年8月24日(木曜日)

    問い合わせ先

    担当課 姫路市地域包括支援課
    担当者 小林
    電話番号 079-221-2451

    9月21日は、世界アルツハイマーデーです。その日にちなんで、姫路城とアクリエひめじを認知症支援のシンボルカラーであるレンジ色にライトアップします。

    日時

    令和5年9月21日(木曜日) 姫路城:日没から午前0時まで アクリエひめじ:日没から午後10時まで

    趣旨・目的

    1994年「国際アルツハイマー病協会」(ADI)と世界保健機関(WHO)が共同で、9月21日を「世界アルツハイマーデー」と制定しました。また、9月を「世界アルツハイマー月間」と定め、さまざまな取り組みが行われています。アルツハイマー病等に関する認識を高め、世界の患者と家族に援助と希望をもたらす事を目的としています。

    また日本でも今年6月、「共生社会の実現を推進するための認知症基本法」が制定され、国民の間に広く認知症についての関心と理解を深めるため、9月21日を認知症の日、9月を認知症月間と定められました。

    オレンジライトアップは、2013年京都タワーを皮切りに、毎年世界アルツハイマーデーに日本各所で開催されています。世界的な名声を誇っている赤絵磁器にちなんで、「日本から世界に発信していこう」と、オレンジ色が認知症支援のシンボルカラーとなりました。温かさを感じさせるこの色は、「手助けします」という意味をもつと言われています。

    急速な高齢化の進展に伴い、認知症の人が増加している中、みんなで認知症について学び、認知症を他人事ではなく自分事と捉え、認知症があってもなくても、その人らしく暮らせるまちをつくるきっかけとするため、世界遺産姫路城からも発信します。姫路城のオレンジライトアップは2016年からで、今年で8回目になります。アクリエひめじのオレンジライトアップは、今年が初めてです。

    しろまるひめ

    お問い合わせ

    姫路市役所健康福祉局長寿社会支援部地域包括支援課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田三丁目1番地 総合福祉会館2階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2451 ファクス番号: 079-240-5890

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム