トップページ館内の詳細 > 沿革

当館について

 自然に親しみながら伝統文化を学び、体験できる施設として、平成6年7月、姫路市書写の里・美術工芸館は、西の延暦寺と呼ばれる円教寺(えんぎょうじ)が鎮座する書写山(しょしゃざん)の東山裾に開館しました。当館は、郷土出身で元東大寺別当(華厳宗管長)の清水公照(しみずこうしょう 1911-1999)の作品を常設展示し、年間5〜6回の特別展示の開催と各種工芸教室やコンサート等、数多くのイベントを実施しています。平成11年度からは、小学生の野外活動や中学生のトライやるウイーク等の受け入れを行い、学校連携にも力を入れてきました。

 当館は博物館類似施設ですが、社会教育施設としての本来的な役割のほか、地域の伝統文化や先人の残した遺産等の資料の保存・活用を図りながら、多くの市民の方々が参加・体験できる小規模ミュージアムとして特色ある運営を進めています。参加・体験型ミュージアムとして、「ワクワク」、「楽しい」を合言葉に魅力ある博物館づくりを目指してまいりますので、今後とも皆様のより一層の御指導、御支援を賜りますようお願い申し上げます。

清水公照について(リンク)


建物について

書写山の麓の美術工芸館

 西国三十三観音霊場第27番札所として参拝客や行楽の人たちが数多く訪れる書写山の麓に、竹林の緑と赤い柱が鮮やかな対比を見せている建物が書写の里・美術工芸館です。
 美術工芸館の建物は、きれいな曲線を描く銀色の屋根や朱塗りの柱などが特徴で、これは美しい自然に囲まれた書写山周辺の風景にとけ込むよう、書写山円教寺(しょしゃざんえんぎょうじ)の建物に似たイメージでデザインしたためです。

書写山円教寺のホームページ(外部リンク)

美術工芸館の正面外観美術工芸館の側面外観

 内部の中央部分は、吹き抜けの階段になっており、ここに清水公照が制作した泥仏が270体並んでいます。開放的な雰囲気の中で、泥仏がユーモラスな表情で迎えてくれます。

美術工芸館の内部_展示室Aの泥仏



 

建物の概要


着工
平成4年(1992年)10月19日
完成
平成6年(1994年) 3月17日
開館
平成6年(1994年) 7月1日
規模・構造
(1)本館 鉄筋コンクリート造(一部鉄骨造) 地下1階、地上2階
敷地面積 17,571平方メートル
延床面積  2,524平方メートル

(2)交流庵 木造瓦葺、平屋建  延床面積  88平方メートル

(3)工芸教室棟(竹林工房) 木造平屋建 延床面積  28.4平方メートル
バリアフリー対応等
車いす3台、エレベーター1基、障害者用トイレ、おむつ交換台など
設計監理
宮脇檀(みやわきまゆみ)建築研究室
施工
大成建設・大谷建設共同企業体
総事業費
2,149,073千円
備考
屋根瓦の数 約34,600個
本館の屋根の面積 約700平方メートル



沿革

平成元年(1989年) 9月 清水公照師から作品が寄贈(姫路市へ)
平成 3年(1991年) 2月 東大寺長老清水公照寄贈作品記念公開展を開催
平成 4年(1992年) 10月 安全祈願祭を実施し、建物の建築に着工
平成 6年(1994年) 3月 管理棟・展示棟・交流庵完成
姫路市書写の里・美術工芸館条例、同施行規則制定
4月 姫路市書写の里・美術工芸館観覧料等に関する規則制定
姫路市文化センター・日本城郭研究センターから収蔵作品搬入
施設の管理運営を(財)姫路市文化振興財団に委託
6月 竣工式
7月 開館(7月1日)
清水公照コレクションPART1展を開催
平成 8年(1996年) 5月 入館者10万人を記録
9月 匠の技 播州祭り屋台の彫刻展を開催
平成 9年(1997年) 5月 第3回くすのき建築文化賞受賞
12月 第6回さわやか街づくり賞〔建築物部門〕受賞
平成10年(1998年) 11月 入館者20万人を記録
平成11年(1999年) 1月 土人形―山田忠雄コレクション展を開催
4月 清水公照師記念作品(揮毫「五風十雨」)贈呈式を実施
10月 かちん染展を開催
11月 ホームページ開設
平成13年(2001年) 6月 姫路藩窯 東山焼展を開催
9月 茶の湯名品展を開催
10月 入館者30万人を記録
平成14年(2002年) 7月 開館10周年(7月1日)
姫路はりこ展を開催
9月 書写山円教寺に伝わる美展を開催
平成17年(2005年) 1月 入館者40万人を記録
2月 竹林工房(工芸教室棟)設置
4月 草駈ける道、海渡る道―シルクロードの工芸品展を開催
平成18年(2006年) 4月 施設の管理運営を市直営にし、学芸普及業務を(財)姫路市文化振興財団に委託
平成20年(2008年) 4月 宮脇綾子アプリケ展を開催
5月 入館者50万人を記録
6月 棟方志功と民芸展を開催
平成21年(2009年) 4月 没後10年・東大寺と清水公照世界展を開催
7月 親子であそぶ―木のぬくもり展を開催
平成22年(2010年) 4月 あぜみちの詩 渡辺うめ農民人形展を開催
5月 入館者60万人を記録
平成23年(2011年) 8月 まなんで、あそんで、アートしよう 夏休み子どもミュージアム展を開催
平成24年(2012年) 8月 入館者70万人を記録
10月 ドレスデン展―絵付け師の技と心を開催
平成26年(2014年) 6月 開館20周年記念式典・記念講演会を開催
7月 開館20周年(7月1日)
平成27年(2015年) 4月 入館者80万人を記録
平成28年(2016年) 1月 アンコール・ワットへのみち―神々の彫刻展を開催




トップページ館内の詳細 > 沿革