ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    犬の登録・狂犬病予防注射のご案内

    • 公開日:2021年4月1日
    • 更新日:2021年9月21日
    • ID:1406

    新たに犬を飼う場合、狂犬病予防法に基づく犬の登録が必要です。
    また、生後3か月以上の犬を飼っている人は、狂犬病の予防注射を年1回受けさせなければなりません。

    犬の鑑札と狂犬病予防注射済票のデザインが変わりました。

    鑑札は、犬に装着しやすいように、従来の鑑札に比べて小さくなりました。
    狂犬病予防注射済票の色は、2021年度は「青色」です。

    手数料

    登録手数料 3,000円
    注射済票交付手数料 550円
    注射料 2,800円(集合注射での料金です。)

    犬の集合注射

    姫路市では、4月に市内離島(家島町宮、家島町真浦、家島町坊勢)を巡回し、犬の集合注射を行っています。市民の皆さんの衛生面や安全面等を考慮し、近隣に動物病院の無い地区のみ実施いたします。
    ご理解、ご協力の程、よろしくお願いします。

    (今年度姫路市集合注射は、コロナウイルス感染拡大の影響により実施未定となっています。)


    集合注射の会場では、上記の料金で、狂犬病の予防注射と合わせて、新たな犬の登録を行うこともできます。

    狂犬病予防注射

    狂犬病予防注射は、動物病院で受けることができます。
    動物病院で狂犬病予防注射を受けた際はには、注射済票の交付も受けてください。
    姫路市内のほとんどの動物病院および市外の一部の動物病院に、犬の登録および注射済票の交付の事務を委託しております。

    姫路市動物管理センターにおける狂犬病予防手数料の徴収事務委託について

    姫路市動物管理センターにおける狂犬病予防手数料の徴収事務委託を次のとおり委託しました。

    委託した事務

    姫路市動物管理センターにおける狂犬病予防手数料の徴収

    委託を受けたもの

    委託期間

    令和3月年4月1日から令和4年3月31日まで

    また、姫路市の済票を交付していない動物病院で狂犬病予防注射を受けた際には、注射済証を必ず受領し、注射済証を動物管理センターまで持参し、済票の交付を受けてください。

    犬の標識の掲示について

    兵庫県では、犬を飼養している旨の標識を玄関等の見やすい所に掲示しておくことが、犬の飼い主などに義務付けられています(動物の愛護および管理に関する条例第33条)。標識の作成方法は、下記の兵庫県ホームページをご覧ください。
    兵庫県ホームページ 犬の標識の作成方法について別ウィンドウで開く

    かならず迷子札を

    飼主さんには、犬の鑑札および注射済票を、愛犬に装着する義務があります。
    愛犬が迷子になった場合は、鑑札や済票が迷子札代わりになります。
    迷子になった場合は、近所を探すとともに動物管理センターや最寄の警察署にできるだけ速やかに連絡してください。
    詳しくは飼い犬・猫が迷子になってしまったらをご確認ください。

    飼い犬が亡くなったときは

    飼い犬が亡くなったときは、犬の登録の抹消手続きをしてください。
    犬の登録の抹消手続きは、動物管理センターで電話及び窓口での受付の他、下記の電子申請等受付システムからも行えます。

    犬の登録抹消手続き電子申請等受付システム別ウィンドウで開く

    火葬・埋葬については、名古山霊園まで問い合わせてください。

    ペット(小動物)の火葬のご案内

    その他の情報

    狂犬病については、狂犬病の情報もご確認ください。
    狂犬病の情報