ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    姫路文学館の施設概要

    • 公開日:2019年5月17日
    • 更新日:2021年4月15日
    • ID:5286
    写真(姫路文学館)

    姫姫路文学館は、姫路を中心とした播磨ゆかりの文人たちを顕彰し、資料の収集・調査・研究を行うとともに文学活動の拠点となることを目的として開館されました。世界文化遺産・国宝姫路城の北西に位置し、建築家・安藤忠雄氏によって、城を借景に回遊し文学と対話する空間として設計されています。
    北館には、映像やグラフィックで地域の物語を紹介する「姫路城歴史ものがたり回廊」、播磨ゆかりの文人たちの人生や言葉にふれる「ことばの森展示室」のほか、企画展示室、特別展示室があります。南館には司馬遼太郎記念室や図書室、カフェなどがあります。
    2016年7月にリニューアルオープンしました。

    施設概要

    開館時間

    午前10時00分から午後5時00分まで(入館は30分前まで)

    休館日

    月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土曜日・日曜日は除く)、年末年始

    場所

    交通

    姫路駅から神姫バスで約7分。「市之橋・文学館前」下車、北へ徒歩3分

    料金

    • 大人310円
    • 大学・高校生210円
    • 小・中学生100円

    特別展は別料金

    電話

    079-293-8228

    ファクス

    079-298-2533

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局姫路文学館

    住所: 〒670-0021 姫路市山野井町84番地

    住所の地図

    電話番号: 079-293-8228 ファクス番号: 079-298-2533

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム