トップページ企画展・特別展 > 山名秀圭展
本文へ

企画展示「播磨の刳物師・山名秀圭生誕100年」


山名秀圭作品と師事した大村雲谷をはじめとする小竹斎一門の作品を紹介します。

会期/令和2年(2020年)10月24日(土)〜12月13日(
会場/一般展示室
主催/姫路市書写の里・美術工芸館
企画/公益財団法人 姫路市文化国際交流財団

山名秀圭(やまなしゅうけい)について

本名は山名繁、大正9年〜平成31年
木彫家の佐野信雄や、刳物師の大村雲谷に師事し、伝統的な彫刻技術を学ぶ。姫路の刳物は、姫路藩士の生まれであった市川周道が小竹斎と号し一門を形成しており、その最後の継承者にあたる。煎茶用の香盆を中心に、素材の木を活かした茶道具類を制作。

出品作品例

「欅材鯉図丸盆(けやきざいこいずまるぼん)」個人蔵
欅材鯉図丸盆の写真

姫路市書写の里・美術工芸館
〒671-2201 姫路市書写1223番地  [ 地図 ]
電話 079-267-0301 ファックス 079-267-0304

トップページ企画展・特別展 > 山名秀圭展