トップページ企画展・特別展 > 今森光彦展
本文へ

冬季特別展示「今森光彦−自然と暮らす切り紙の世界−


 今森光彦(いまもり みつひこ/1954年滋賀県大津市生まれ)は、世界各地で生きものの生態を追う著名な写真家で、同時に“切り紙”の世界でも新たな境地を切り開きました。人と自然が見事に共生する「里山」をテーマに、様々な角度からその関係を追い続けています。“生きもの少年”として湖や川、田んぼや林で多くの時間を過ごした少年時代、写真家として世界中の生きものと出会う旅路、アトリエの敷地内に「里山」をコンセプトにした庭をつくり、生きものを観察する日々など、制作活動は野外での活動と深くつながっています。たった一本のはさみから切り出される生きものたちは、今森氏の経験の中から生まれ、生命の輝きにあふれています。
 本展では、生命力あふれる生きものたちと自然に寄り添う人の営みをとらえた作品群から、自然の美しさや豊かさを感じ、自然と触れ合う感性を育んでいただけることでしょう。

会期/令和3年(2021年)1月6日(水)〜4月4日(
会場/展示室B・C・A上・企画展示室、一般展示室
主催/姫路市書写の里・美術工芸館、神戸新聞社
後援/サンテレビジョン、ラジオ関西
企画制作/株式会社クレヴィス
展示/公益財団法人姫路市文化国際交流財団

展覧会チラシ A4表裏(PDF形式 1,967KB)

出展作品について

自然に寄り添いながら生活する今森氏の暮らしの紹介と共に、精選された切り紙作品と写真作品を約130点紹介します。

(1)パンサーカメレオンとパキポディウム(2012年)

  額サイズ 縦96cm×横127cm
 マダガスカルに多く自生するパキポディウムの、とげの生えた枝の上を器用に移動していくパンサーカメレオンを表現した作品です。世界各地を旅して生きものを観察してきた今森氏の経験から生み出されたその姿は、非常に生き生きとしています。
 こうした大型作品のいくつかは、ソリドグラフ(23億画素からなる超高精細立体スキャナーによって忠実に再現した複製版画)化されていますが、この作品は、オリジナルの実物を会場でご覧になれます。細部まで冴え渡る今森氏の技と表現をお楽しみください。
パンサーカメレオンとパキポディウムの写真

(2)オオムラサキ(2011年)

  額サイズ 縦39.4cm×横50.9cm
 日本の国蝶とされるオオムラサキは、オスの翅の表が鮮やかな青紫色に輝きます。近年その生息数を減らしてきていますが、“生きものが集まる庭”をテーマに、今森氏のアトリエ前に作られたガーデンスペース「オーレリアンの庭」では、毎年姿を現し、順調に世代交代を繰り返しています。この作品は、そんなオオムラサキをまるで標本のように切り出したものです。自然と寄り添う今森氏の暮らしの中では、はさみを動かして紙を切っているときにふと顔をあげると、今作っている蝶が生きた姿で飛んでいる、そんなことが珍しくありません。
オオムラサキの写真

(3)オウゴンオニクワガタ(2014年)

  長辺13.5cm
 オウゴンオニクワガタは金色の色紙を使って作られ、非常に豪華な姿をしています。仕上がりはきらびやかで、本物よりも迫力があるかもしれません。これは多色立体昆虫と呼ばれる作品の一つです。
 多色立体昆虫は、紙の折りやのり付けはシンプルながらも、立体的な体の丸みや体勢によって、紙に命が吹き込まれています。細かな部分を削ってあっさりと仕上げつつ、生きものが持っている重量感やささいな仕草などを再現すること、ここに今森氏の日頃の観察力が生きています。


オウゴンオニクワガタの写真

会期中の関連イベント

(1)展示解説会

令和3年 1月10日()・1月31日()・2月14日()・2月28日()・3月14日()・3月21日(
 11時-11時30分  14時-14時30分 (いずれの日も)
展覧会の見どころを当館学芸員が紹介します。
定員/各回先着15人
備考/当日先着順でご覧いただけますが、入館料が必要です。

(2)紙すき体験教室

令和3年 3月13日(土) 10時-11時30分
竹をすりつぶした繊維をすいてハガキ大の紙を4枚作ります。
講師/田崎博和さん(竹紙・竹筆作家)
参加費/500円  
定員/15人
会場/竹林工房・前庭  
3月4日(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。

(3)子ども色紙アート教室

令和3年 3月20日(土祝) (1)10時30分-11時30分 (2)13時30分-14時30分
色紙を切って、ちぎって、貼り付けて、動物や植物を完成させよう!
講師/グループ「ゆめゆめ」の皆さん
参加費/100円
定員/各10人(幼児・小学生が対象)
会場/会議室
3月11日(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。

姫路市書写の里・美術工芸館
〒671-2201 姫路市書写1223番地  [ 地図 ]
電話 079-267-0301 ファックス 079-267-0304

トップページ企画展・特別展 > 今森光彦展