トップページ企画展・特別展 > 県工芸美術作家協会展
本文へ

特別展 兵庫県工芸美術作家協会 姫路展


 1962年(昭和37年)に設立された兵庫県工芸美術作家協会は、工芸美術の振興を通じて地域文化の発展に寄与し、あわせて工芸美術作家の育成と技術の向上、および交流促進をはかることを目的に、例年神戸市で兵庫工芸展を開催しています。その分野は陶芸、染織、ガラス、皮革、漆芸、人形におよび、会員の作品発表の場とともに公募展を併設し今年で59回を迎えました。  本展では、兵庫工芸展での出品作品を中心に協会会員作品約50点を展示します。現在活躍される工芸作家の個性と感性あふれる作品をご鑑賞ください。

会期/令和3年(2021年)9月11日(土)〜10月24日(
会場/展示室B・C・A上・企画展示室、一般展示室
主催/姫路市書写の里・美術工芸館、兵庫県工芸美術作家協会、神戸新聞社
企画/公益財団法人姫路市文化国際交流財団

展覧会チラシ A4表裏(PDF形式 2,624KB)

兵庫県工芸美術作家協会事務局へのリンク(外部リンク)

出展作品について

兵庫県工芸美術作家協会会員の工芸作品(陶芸、染織、ガラス、皮革、漆芸、人形)約50点を展示
次の3点は「第59回兵庫工芸展」(注1)実施時に会員作品を審査の上、賞を決定した作品。

(1)兵庫県工芸美術作家協会会員大賞 (陶芸)小野紘之「REKI-2021-1」

小野紘之_作品写真

(2)神戸新聞社大賞 (染織)飯塚博子「order statistic」

飯塚博子_作品写真

(3)N氏賞 (陶芸)室井朋子「牡丹文様壺」

室井朋子_作品写真

(注1)「第59回兵庫工芸展」は令和3年6月23日(水)から27日(日)まで、神戸市の兵庫県立美術館王子分館原田の森ギャラリーで開催されました。

会期中の関連イベント

会期中、出品作家によるギャラリートークや体験教室を実施します。

出品作家によるギャラリートーク(展示解説会)

日時 令和3年 9月11日(土)、10月3日() 14時〜15時(いずれも)
講師/9月11日は鍛治ゆう子さん(陶芸作家)、10月3日は柳楽剛さん(染織作家)
定員/先着30人
備考/当日先着順(13時から整理券を配布)、入館料が必要。

陶芸教室「自分だけのお皿を作ろう」

日時 令和3年 9月19日() 13時〜14時30分
土を平たく伸ばすタタラ技法でお皿を作ります。
講師/清水圭一さん(陶芸作家)
参加費/1,500円
定員/10人
会場/竹林工房
9月10日(金)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
陶芸教室の作品写真

染色教室「海の色を染めて水族館を作ろう」

日時 令和3年 9月26日() 13時〜14時30分
塩ビ板に魚の絵を描き、その中に羊毛を染めて海を表現した水族館の置物を作ります。
講師/境朋子さん(染織作家)
参加費/1,000円
定員/10人(3歳以上が対象、6歳以下は保護者同伴)
会場/竹林工房
9月16日(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
染色教室の作品写真

染色教室「藍染のストールを作ろう」

日時 令和3年 10月10日() 13時〜15時
麻レーヨン地のストールを藍染おりがみ絞りで染めます。
講師/中来田万里さん(染織作家)
参加費/1,500円(ストール1枚、2枚目からは1,000円)
定員/10人(小学校4年生以上対象)
会場/竹林工房
9月30日(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
染色教室の作品写真

革工芸教室「皮革のアクセサリーを作ろう」

日時 令和3年 10月16日(土) 13時〜15時
牛革を好きな色に染めてペンダントにもブローチにもなるアクセサリーを作ります。
講師/石田満美さん(皮革作家)
参加費/1,500円
定員/10人
会場/竹林工房
10月7日(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
染色教室の作品写真

七輪陶芸教室

日時 令和3年 10月17日() 10時〜16時
ぐい飲みや箸置きなどを作り、七輪と木炭を使って焼き上げます。
講師/川西幹雄さん(陶芸作家)
参加費/1,500円
定員/6人(高校生以上対象)
会場/竹林工房、芝生広場
備考/木綿の軍手とタオルを持参、雨天の時は中止します。
10月7日(木)までに往復はがきか応募専用サイトで申し込み、応募多数の時は抽選。
七輪陶芸教室の作品写真

姫路市書写の里・美術工芸館
〒671-2201 姫路市書写1223番地  [ 地図 ]
電話 079-267-0301 ファックス 079-267-0304

トップページ企画展・特別展 > 県工芸美術作家協会展