ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    戸籍の広域交付

    • 公開日:2024年3月1日
    • 更新日:2024年7月8日
    • ID:26840

    【7月8日11時30分】本日朝に発生した広域戸籍のシステム障害の復旧について

    本日朝から発生していました、国(法務省)の戸籍情報連携システムの全国的な障害について、復旧を確認し、本籍地が姫路市以外の戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)が本市窓口(支所等含む)で発行できるようになりました。

    ご迷惑をおかけしまして、誠に申し訳ございませんでした。

    概要

    令和6年3月1日から全国の市区町村の窓口どこでも戸籍証明書が取得できます。ほしい戸籍が全国各地にあっても、1か所の市区町村の窓口にまとめて請求できます。

    利用できる人(必ず確認してください!)

    • 本人、配偶者、直系尊属(父母、祖父母など)、直系卑属(子、孫など)
    • 顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)を持参された方

    必ず顔写真付きの本人確認書類が必要です。健康保険証、年金手帳等では交付できません!

    注意喚起(3月5日掲載、25日更新)

    3月1日の制度開始以降、法務省の戸籍情報連携システムの不具合により、姫路市外の戸籍証明書の交付(広域交付)や他自治体の戸籍の内容確認が困難な状況が発生し、ご迷惑をおかけしております。
    システムメンテナンスによりおおむね解消していますが、一部不具合が断続的に発生しており、戸籍の届け出の審査や証明発行に時間がかかる場合がありますのであらかじめご了承ください。

    1. 直近で他市で届け出された戸籍届の内容が本市戸籍に反映されていない場合や、姫路市で届け出された戸籍届の内容が他自治体の戸籍に反映されていない場合があります。直近に各種届出をされている場合は、戸籍を請求される際にその旨を窓口にて申し出てください。
    2. 古い戸籍まで遡る場合や、複数の自治体にまたがる戸籍証明が必要な場合は、申請から交付まで長時間お待たせする場合があります。また、当日中の発行ができない場合がありますのであらかじめご了承ください。
    3. 最新の戸籍全部(一部)事項証明書については、姫路市が本籍地の場合はコンビニ交付でも取得が可能ですのでご活用ください(「各種証明書のコンビニ交付サービス」)。また、他自治体が本籍地の場合はコンビニ交付に対応しているかどうかを本籍地へご確認ください。
    4. 法務省ウェブサイト別ウィンドウで開く に最新情報が掲載されていますので、こちらもご参考ください。

    ご不便をおかけしますが、ご理解ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

    注意

    • 古い戸籍まで遡る場合や、複数の自治体にまたがる戸籍証明が必要な場合は当日中の発行が難しい場合がありますのであらかじめご了承ください。
    • 本籍地の自治体に確認する必要があるため、土曜日・日曜日・祝日と平日の午後5時以降は受付できません。

    広域交付の対象となる戸籍

    戸籍全部事項証明書:1通 450円

    除籍全部事項証明書:1通 750円

    改製原戸籍謄本:1通 750円

    除籍謄本:1通 750円

    • 戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)、戸籍の附票、身分証明書、独身証明書など上記以外の戸籍証明書は、広域交付の対象外です。これまでどおり本籍地のみでの発行となります。
    • 電子化(コンピューター化)されていない戸籍(改製不適合戸籍)は広域交付の対象外です。(ページ下記の「戸籍が電子化されていない方へ」参照)

    広域交付で戸籍証明書等を請求できる方

    本人、配偶者、直系尊属(父母、祖父母など)、直系卑属(子、孫など)が窓口に来庁されて、顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)を持参された場合のみ請求可能です。

    (注意)広域交付の対象外

    • 委任状を作成し代理人に請求してもらう場合は、本籍地の窓口でしか受付・交付できません。
    • 戸籍を郵便で請求される場合は、本籍地の市区町村でしか受付・交付できません。
    • 第三者請求(資料を添付してもらい利害関係にある方の戸籍を取得する場合等)についても、本籍地でしか受付・交付できません。いかなる理由があっても、父母の戸籍から除籍したきょうだいの戸籍証明書は本籍地でしか交付できません。
    • 弁護士、司法書士等の職務上請求書での請求についても、本籍地の市区町村の窓口でしか受付・交付できません。


    請求方法

    請求する人

    窓口請求(本籍地のみ)

    郵送請求(本籍地のみ)

    広域交付(全国の市区町村の窓口)

    本人

    配偶者

    直系親族(子、親、祖父母等)

    職務上請求

    委任状による代理請求

    第三者請求

    〇は可能、✖は不可能を表します。

    広域交付請求時の本人確認

    本人確認書類として、顔写真付きの本人確認書類(マイナンバーカード、運転免許証等)の提示が必要です。

    • 顔写真付きの本人確認書類をお持ちでない場合は証明書の広域交付ができませんので、本籍地の自治体へ請求してください。
    • 健康保険証、年金手帳等での本人確認はできませんのでご注意ください。

    発行可能な場所

    姫路市証明交付センター(本庁舎1階)・駅前市役所・各地域事務所・各支所・各出張所・各サービスセンター

    (注意)本籍地の自治体に確認する必要があるため、平日の午後5時以降は広域交付の証明発行はできません。

    (注意)駅前市役所・飾磨支所で、土曜日・日曜日・祝日は受付できませんのでご注意ください!

    注意事項

    • 法務省の戸籍連携システムのメンテナンスや改修等で広域交付が利用できない日時が発生することがあります。事前にお問い合わせいただくか、姫路市ホームページなどでご確認ください。
    • 請求される戸籍の内容によって当日中に発行できない場合がありますので、時間に余裕を持ってお越しください。
    • 直近に戸籍届出をされている場合は内容の反映に日数がかかります。あらかじめ本籍地の自治体に記載が終わっているかご確認の上お越しください。
    • 他の市区町村の戸籍をお調べするため、通常の証明交付に比べお時間をいただきますので、早めの時間帯のご来庁をおすすめします。状況によっては再度ご来庁いただく可能性もありますのでご了承ください。

    戸籍が電子化されていない方へ

    戸籍に記載されている氏又は名の文字の関係などの理由により、コンピュータによる取扱い(戸籍の電子化)に適合せず、現在も紙で管理されている戸籍(改製不適合戸籍)の方は、戸籍謄本等の広域交付の対象外となります。また、戸籍の届出時も、引続き戸籍謄本の添付が必要となります。

    参考(関連リンク)