ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    史跡内で工事などを行う場合の手続きについて

    • 公開日:2008年3月21日
    • 更新日:2020年4月7日
    • ID:2163

    史跡(名勝・天然記念物)で工事など(現状を変更したり、その保存に影響を及ぼす行為)をしようとするときは、文化庁長官の許可が必要です。

    ご案内

    市内では、姫路城跡(特別史跡)・円教寺境内・播磨国分寺跡・瓢塚古墳・壇場山古墳などが文化財保護法に基づく史跡(国指定)に指定されています。
    現状変更等の申請の詳細については、下記まで問い合わせてください。

    参考:文化財保護法(抜粋)

    文化財保護法改正(平成17年4月1日施行)
    第125条
    史跡名勝天然記念物に関してその現状を変更し、またはその保存に影響を及ぼす行為をしようとするときは、文化庁長官の許可を受けなければならない。ただし、現状変更については維持の措置または非常災害のために必要な応急措置を執る場合、保存に影響を及ぼす行為については影響の軽微である場合は、この限りではない。

    お問い合わせ

    姫路市教育委員会 生涯学習部 文化財課 埋蔵文化財担当
    住所 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地
    電話 079-221-2787
    ファクス 079-221-2779

    お問い合わせ

    姫路市役所教育委員会事務局生涯学習部文化財課

    住所: 〒670-8501 姫路市安田四丁目1番地 本庁舎8階

    住所の地図

    電話番号: 079-221-2786 ファクス番号: 079-221-2779

    電話番号のかけ間違いにご注意ください!

    お問い合わせフォーム