ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

PC版

Multilingual

あしあと

 

    令和3年度「ひめじ帰農塾」農業研修生募集について(今年度の募集は終了しました。)

    • 公開日:2019年5月30日
    • 更新日:2021年4月22日
    • ID:6848
    令和3年度「ひめじ帰農塾」の研修生を追加募集しました。(多数の応募ありがとうございました。今年度の募集は終了しました。)

    ひめじ帰農塾の概要

    農業を学んで、めざせ新規就農!生涯現役!
    姫路市農業振興センターでは、農業に挑戦したい方を対象に、農業研修「ひめじ帰農塾」を開講しています。

    • 退職後に、農業をはじめたい。
    • 家に畑はあるが、なかなかうまく作れない。
    • 野菜、果樹、花を作って販売したい。
    • 新しく農業をはじめてみたいが何をしたらいいのかわからない。

    などなど、そんなあなたを、当センターがサポートいたします。
    将来的に農産物直売所などへの出荷を想定して、当センターの研修室や畑・ハウスなどで、農業に関する基礎知識や実践技術を学んでいただきます。

    新型コロナウイルス感染症対策及び対応について

    令和2年度「ひめじ帰農塾」の中止

    令和2年度の「ひめじ帰農塾」は、新型コロナウイルス感染症対策として緊急事態宣言が発令されたことにより、中止となりました。受講者の皆さんには、大変ご迷惑をお掛けしたことをお詫び申し上げます。

    令和3年度募集方針について

    令和2年度中止した影響により、令和2年度受講生に対し、令和3年度優先受講枠を設定し、受講希望調査を実施しました。その結果、座学コース5名程度、野菜コース3名程度、新規就農者枠(果樹コース及び花苗・鉢花コース各1名)2名の欠員がありましたので、追加募集することを決定しました。

    令和3年度コロナウイルス感染症対策の実施について

    • 発熱や体調がすぐれない方に、受講自粛を依頼
    • 当日の健康チェックの実施(検温結果及び風邪症状等の有無を調査)
    • 受講中のマスク着用等の咳エチケット実施
    • 手指消毒用アルコールを設置し、受講前に手指消毒を実施
    • 受講者同士の間隔を空ける(最低1メートル)など、ソーシャルディスタンスを確保
    • 受講会場の定員(約80名)を半分以下(約40名)にして実施
    • 休憩時間(2時間のうち、5~10分)を導入し、換気の実施

    追加募集の対象者及び人数

    座学コース

    • 募集対象
      原則、姫路市在住の人(姫路市以外の播磨圏域7市8町の方は、欠員があれば受講することができます)
    • 募集人数
      5名程度

    野菜コース

    • 募集対象
      姫路市在住の人または市内に耕作地がある方
    • 募集人数
      3名程度

    新規就農者枠

    • 募集対象(果樹コース、花苗・鉢花コース)
      概ね40歳くらいまで、かつ研修修了後に市内で就農(雇用就農を含む)する意志がある方
    • 募集人数
      果樹コース1名、花苗・鉢花コース1名、計2名

    各コース内容

    座学コース

    これから農業を始めたい、始めて間もない方、農業をすでに行っているがさらに技術を磨きたい、日々の疑問を解消したいという方を対象に、農業の基礎知識を習得していただく内容です。

    • 講義
      土づくり・肥料の基本、農具・資材の使い方、病害虫の防ぎ方、夏・秋野菜の栽培、果樹の栽培・剪定、花き類の栽培など
    • 日時
      令和3年(2021年)4月27日(火曜日)から令和3年(2021年)12月7日(火曜日)までの原則毎月第1火曜日(但し、初回のみ4月27日(火曜日)、休日祝日の場合は第2火曜日に開催) 
      各日とも午後1時30分から午後3時00分まで
      全9回

    野菜コース

    当センター内で、研修生1名あたり約30平方メートルの畑を使って、実践的な野菜栽培技術を学びます。

    • 作物
      トマト、ナス、ピーマン、キュウリ、メロン、サツマイモ、姫路ネギ、キャベツ、ハクサイ、ブロッコリー、コマツナ、ホウレンソウなど
    • 日時
      令和3年(2021年)4月20日(火曜日)から令和3年(2021年)12月21日(火曜日)までの毎週火曜日、全35回程度(別曜日開催があります)
      各日とも午前10時00分から正午まで
      収穫・水やり等のため、上記以外の日時にも、適宜作業が必要な場合があります。上記日時以外は、職員による指導等はありません。

    果樹コース

    当センター内の展示果樹園で栽培しているいろいろな果樹を使って、実践的な果樹栽培技術を学びます。

    • 作物
      ブドウ、モモ、キウイ、イチジク、カキ、ブルーベリーなど
    • 日時
      令和3年(2021年)4月22日(木曜日)から令和4年(2022年)2月17日(木曜日)までの木曜日のうち全20回程度
      各日とも午前10時00分から正午まで

    花苗・鉢花コース

    当センター内の花苗育成温室やハウスで、実践的な花苗・鉢花栽培技術を学びます。

    • 作物
      ガザニア、ニチニチソウ、ミニハボタン、ビオラ、サイネリア、プリムラ、球根ベゴニアなど
    • 日時
      令和3年(2021年)5月12日(水曜日)から令和4年(2022年)2月16日(水曜日)までのおもに水曜日のうち全15回程度(月曜日開催があります。)
      各日とも午前10時から正午まで

    新規就農者枠

    2018年度から各コース(座学コース除く)に新規就農者枠(各コース1名)を設けています。
    各コースを受講するとともに、それとは別に当センター内で通常業務の作業補助体験等を通じて、より専門的な栽培技術と知識の習得を目指します。

    応募資格

    • 概ね40歳くらいまで
    • 市内で就農(雇用就農を含む)する意志がある方

    研修費用

    資料代等として

    • 「座学コース」 3,000円

    種苗代、肥料代、資材費等として、

    • 「野菜コース」 30,000円
    • 「果樹コース」 10,000円
    • 「花苗・鉢花コース」 10,000円(寄せ植え時は別途材料費3,000円程度)

    その他

    • 収穫物・苗等は、一部持ち帰り可能です。
    • 農具、種苗、肥料、その他資材等は、農業振興センターが用意します。(原則として持ち込みはできません。)
    • 日時や内容は、天候その他都合により変更になる場合があります。
    • 他のコースを合わせて受講するには、別途、お申し込み(有料)が必要です。
    • 研修中の事故(けが等)は、自己責任で処理することとし、各自で傷害保険等に必ず加入してください。

    応募

    応募方法

    以下のリンク先から申込用紙をダウンロードして、必要事項を記入の上、郵送または持参、電子メール(word形式で添付)で姫路市農業振興センターまでお申し込みください。

    また、必要事項をハガキに記入して、提出することもできます。

    応募者が多数の場合は、選考により受講者を決定します。

    応募先

    〒679-2111
    姫路市山田町多田1174-47 農業研修担当宛

    メールアドレス:engei@city.himeji.lg.jp

    募集締め切り

    令和3年(2021年)3月19日(金曜日)必着